アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  【銀座のクラブ街に究極のおもてなしがあった】お箸でいただく創作フレンチと日本酒のペアリングが楽しめる「GINZA NARASHIBA」

【銀座のクラブ街に究極のおもてなしがあった】お箸でいただく創作フレンチと日本酒のペアリングが楽しめる「GINZA NARASHIBA」

一番最初だけはフルコースを食べていただいて、当店のボリュームやテイストを知っていただければなと。二度目以降の来店ではちょっと一杯や、二次会で1、2品などカスタマイズできる自由さもあります。

また、お店自体の収容可能人数は19名ですが、最大10名とさせて頂いています。シェフと私の2人で、お客様ひとりひとりにご満足頂ける最大の人数だからです。

 

――ずばり、フルコースのお値段は?

食事とお飲み物含めて、11,000円くらい。銀座の中では、それほど高くないのでは。

 

――銀座という場所。

銀座という場所でお店を出す事は、初めから決めていました。私は、昔、役者をやっていたのですが、いかにリアルさを伝えれるかが大事な”殺陣”の稽古の時に学んだ「嘘からは嘘しか生まれない」という事が今に生きています。本物を提供して、お客様に判断して頂きたいという思いです。

 

――特別感。

入口の扉は準備中は開いてますが、営業が始まると扉を閉めてしまいます。普通は逆ですよね。目立つ看板とかは無しにして、見る人が見たら分かる行灯を目印に。道を何度か往復してやっと見つけられるお客様もおられます。

完全予約制なので、そうさせて頂いてますが、常連のお客様からは、普通に歩いていたら通りすぎてしまう様なお店を知っているという特別感があるというお声も頂いてます。 

 

――あの丸い行灯のようなものは?

日本酒の蔵元で使われる杉玉または酒林といわれ、新酒が出来たことを知らせます。 

最初は緑色なんですが、お酒が熟成するにつれて杉玉も緑色から茶色に変わっていき、それを見た人に熟成の具合が伝わる。お店自体も同じ様に熟成していきたいという思いです。フレンチレストランでこれを飾っているお店は他にないのでは。

 

――高橋さんのおもてなし精神の原点は?

一人っ子だったのが関係あるのかはわかりませんが、昔から周りの人を喜ばせるのが好きでしたね。お客様で何か企画してくれたら、全力でそれを盛り上げたいと思ってます。シェフと一緒に(笑)

 

――ペアリングでの日本酒とは。

例えば居酒屋で、お刺身に合う日本酒を頼んだとして、次に唐揚げを頼んだら、その前に頼んでいた日本酒と唐揚げが合うはずがないんです。結局、料理とお酒のどちらともダメにしてしまう。お料理ごとにピッタリあう日本酒は違いますからね。1品づつ合った銘柄と頂くのが自然です。

フレンチとのペアリングで提供している日本酒は、酸味、甘味、旨みのバランスを意識しており、フレンチ、日本酒の味わいをより一層引き立て、「日本酒が苦手」というお客様も、おかわりする事もある程です。

 

ペアリングの日本酒は、前日までにシェフが創る料理に合わせて決めておきますが、最終的には当日、お客様を見ながら決めます。私は、「料理に合った日本酒」を考えますが、そこに「お客様」が入る事によって想定外の事も起きます。本当にお客様に喜んでいただくためには、お客様との会話や表情が不可欠かと思っています。 

この記事を見た方は、この特集も見ています

高級家電の値段はピンからキリまで!3つの人気価格帯

  家電を選ぶ基準の一つは価格。機能やデザインが良くても、お値段がそれに見合っていなければ購入に二の足を踏みますよね。   逆に言えば、高い価格を超える優れた魅力があれば購入に至ります。特に物の良し悪しを目 ...続きを読む

からだにうれしい喫茶店『colocco coffee art workshop』

銀座からもほど近く、新富町駅から徒歩1分の場所にある『colocco coffee art workshop』。 白い壁と、無垢の木の床とテーブル、日が燦々とはいる空間でゆったりとした優しい気持ちになれるカフェをご紹介します。 &n ...続きを読む

中高年はサルコペニア予防対策を! サルコペニア肥満の原因も知って長生き人生

  いつまでも健康なアクティブライフを続けるために。40代、50代と加齢が進むにつれて筋肉量が減少し、握力や体幹筋など全身の筋力が低下することを「サルコペニア」と呼びます。歩くスピードが以前より遅くなったり、立っている時 ...続きを読む

オススメな年末年始の旅行先スポット 国内の温泉や芸能人風に海外も

  年末年始を旅行で過ごす人が増えています。芸能人が正月にハワイ旅行したニュースが毎年流れてますね。旅行会社も年末年始のパッケージツアーに力を入れています。   正月こそ自宅、というこれまでの習慣もわるくありま ...続きを読む

シニアと呼ばれたくない? 調査データが裏付ける50~60世代の心理と行動

  60歳を過ぎても身体はピンピン。頭も心も認知症とは無縁な、いきいきアクティブ生活。だから「シニア」「シルバー」と呼ばれて違和感を感じても不思議ではありません。自分の中では現役であり、「ミドル」の気持ちのまま。自他とも ...続きを読む

PAGE TOP