アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  2015ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日やキャッチコピーは?

2015ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日やキャッチコピーは?

 

毎年11月が近づいてくると、ワイン好きでなくとも耳に入ってくる話題がありますね。そう、ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日です。ボジョレー・ヌーヴォーを入手すべく、解禁日にショップやバーへ足を運ぶ人々のテレビ中継は秋の風物詩。

 

今年取れたブドウで作ったワインだという以外にあまり詳しく知らなかったりするボジョレー・ヌーヴォーについて、少しおさらいしてみましょう。

 

そもそもボジョレー・ヌーヴォーとは?

その年にフランス・パリの東南にあるボジョレー地区で収穫される葡萄の品質を確かめるために始まったと言われる、ボジョレー・ヌーヴォー。ヌーヴォーは「新しい」を指しますので、ボジョレーの新酒といった意味になります。

 

カタカナ表記について、ボージョレー・ヌーヴォーとかボジョレー・ヌヴォー、ヌーヴォーはヌーボーとも表記されますね。フランス語のBeaujolais nouveauを発音してカタカナに置き換えているだけなので、どれが絶対正しいということもありません。

 

2015年の解禁日は11月19日(木曜日)

ボジョレー・ヌーヴォーは毎年11月第3木曜日に販売が解禁されることで有名です。

 

なんと日本では、日付変更線の位置関係で本国フランスよりも8時間ほど早く解禁日を迎えています。私達が住む日本だと本場よりも早くヌーボーを飲めるなんて驚き。

 

ボジョレー・ヌーヴォー以外のワインにも解禁日はあるの? と疑問に思われるかもしれません。通常、フランスAOCワイン(品質が認定されたワイン)の出荷は12月15日からと決められています。ただ、天候や銘柄によって12月15日より前や翌年に持ち越されることもあるようですね。

 

参考:ワインに関するよくあるご質問 KIRIN

 

今年のキャッチコピーは?

2015年ボジョレー・ヌーヴォーのキャッチコピーは「記憶に残る素晴らしい出来栄え!」との評価。れっきとしたボージョレワイン委員会の品質予想です。

 

他にもキャッチコピーを耳にするかと思いますが、ワイン界の著名人や各メディアが独自に考えて付けたフレーズになります。それはそれでテイスティングの際には参考にするとよいでしょう。 

 

このコピーを覚えておいて、ぜひ実際にレストランへ赴き、テーブルでその味、色、香りを確かめてみましょう。ちなみに去年の2014年は「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」でした。

 

作り方が普通のワインと違う

一般的なワインは収穫した葡萄を粉々に砕いてから発酵させます。対してボジョレー・ヌーヴォーは、破砕せずに皮ごと房のまま、大きなタンクに上からどんどん入れていきます。マセラシオン・カルボニック法と呼ばれるこの製法では、タンクの下の方にある葡萄が上に積み重なった葡萄の重さで潰れ、果汁が流れ出て自然に発酵が始まります。

この記事を見た方は、この特集も見ています

20代~50代が思うほど老後生活は甘くない!? 資産運用が老後生活の鍵を握る!

これまでも、たびたび定年退職後の生活資金含めたお金についての実態をお伝えしてきましたが、今回、三井住友アセットマネジメント株式会社で、全国の20代から60代の計1,200名を対象に、『老後生活資金と退職金』に関する意識調査を実施いたしま ...続きを読む

2017年の準備はOK? 50代夫が妻に贈るクリスマスプレゼント特集。コフレ、名入れギフト

  11月に入りました。クリスマスは12月下旬なので、今からプレゼントを考えるのは早すぎると感じるかもしれません。すぐに手に入るかわからないプレゼントを考えているなら、早めの事前準備を。繁忙期のクリスマス時期は、ネット通 ...続きを読む

減築リフォームにはメリットが多い! 子供の独立後に自宅をダウンサイジング

  長らく子供が使っていた部屋は、就職や結婚などの独立後に使われなくなります。そして気がつけば滅多に誰も入らない物置部屋になっています。   比較的新しい一軒家ならそのまま住み続けて問題ありません。これが築何十 ...続きを読む

古さに感じる希少価値 クラシックカーの荘厳な魅力を理解できる大人になる

  高級車というと、毎年モーターショーを賑わせるピカピカな高価格帯の自動車を想像するでしょうか。黒塗り新車ハイクラスや、時速350km余裕の最新式スポーツカー外国車のイメージかもしれません。   購入価格が ...続きを読む

認知症チェックリストと予防に効果的な素材とは?

  高齢になるにつれて気になるのが「もの忘れ」など認知機能の低下です。2025年にはなんと5人に1人が認知症になると言われ、高齢化社会の中、避けることのできない大きな問題となっています。     ま ...続きを読む

PAGE TOP