アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  究極の自由な旅を。キャンピングカーで手軽に非日常的な生活が手に入る

究極の自由な旅を。キャンピングカーで手軽に非日常的な生活が手に入る

 

手にした人にしか分からない特別な自由があります。好きな場所に気が済むまで滞在し、時間に縛られることはありません。

 

快適で機能的な住空間と共に移動できるキャンピングカーは今なお進化し続けており、新しい発見を私たちに提供してくれます。

 

 

住空間はゴージャスなベッドやシステムキッチンなどを装備

 

経済的、時間的に余裕が出てきた定年退職夫婦がキャンピングカーを購入してゆったり日本一周を楽しむスタイルは昔からありました。

 

最近のキャンピングカーは内装やオプション機能が高級マンション並みに充実してきており、リタイア世代だけでなく新婚ベビーカップルや大家族でも手軽かつゴージャスにオートキャンプ旅行へ出掛けています。既存のキャンピングカーが抱くイメージは、もはや過去のもの。

 

高級ホテルを渡り歩くセレブリティや本格装備一式を揃えて森林へ乗り込むハードキャンプも捨てがたいですが、生活とレジャーの全てがコンパクトに詰め込まれた高級キャンピングカーなら車を運転するだけで近い体験ができるでしょう。

 

乗用車の座席を後ろに倒しただけの車中泊とは全く異なる深い安眠。車でしか行けないリゾートエリアの雄大な景色に心を奪われ、帰りには満点の夜空を仰ぎ見る源泉掛け流しの露天風呂でリフレッシュ。

 

そして使い慣れたキャンピングカー内に装備された本格料理も可能なキッチン・ギャレーで晩餐と心安らぐソファーやベッドで時間を忘れた団欒をどうぞ。

 

 

リーズナブルで普段使いできる軽キャンピングカーが人気

 

最近の流行は軽自動車に手を加えた軽キャンピングカー。侮るなかれ、小さな車体を創意工夫でリッチなキャンプスペースに仕立て上げた高級志向の軽キャンカーが登場しています。

 

軽ワゴンをベース車体に天井をポップアップルーフ化してベッドスペースを確保したロフト仕様や、普通の軽トラに不釣り合いなほど豪奢な居住キャビンを搭載した成り上がり型の後付けキャンカーも増えてきました。

 

それでもハイグレードな大型キャンピングカーに比べると100万円前後からラインナップされて断然低価格、税金も駐車スペースも少なく済むことから日本の住宅事情にマッチしており、幅広い年代に需要があります。

 

週末だけエンジンを回す一般的な乗用車キャンカーと異なり、通勤や買い物など毎日の街乗りにも不自由なく活かせる規模であることが人気のポイントとなっています。

 

 

震災や洪水時の避難用途として大活躍

 

仮設住宅が必要なほど大規模な震災が起こるたびに、車内で寝泊まりする生活のメリット・デメリットがニュースになりますね。普通乗用車は避難所よりも簡単にプライバシーを確保できる反面、住むには狭すぎるため様々な弊害が伴います。

この記事を見た方は、この特集も見ています

一眼レフとミラーレス一眼の違いは? 50代からのカメラ初心者入門

    さあカメラを始めよう、と思って家電量販店に行くも、カメラの種類が沢山あってどれを選んでいいか分からない。そんな風に困らないために、カメラの違いを前もってざっくり把握しておきましょう。   カ ...続きを読む

高級オリーブオイル探訪 世界一の極上調味油 そのお味は?

  「ワインや肉より古い歴史を持つ」といわれ、オリーブの独特でフルーティな風味が魅力のオリーブオイル。血中コレステロールを滅らす、胃の粘膜を保護して腸の運動を高める、胃酸の分泌を調整する、などなど健康に絶大な効果があるオ ...続きを読む

【銀座のクラブ街に究極のおもてなしがあった】お箸でいただく創作フレンチと日本酒のペアリングが楽しめる「GINZA NARASHIBA」

皆さんは、食事をするお店を選ぶ時にどのような点を重視されますでしょうか。 アクセス、メニュー等々人によって、その状況によって様々かと思いますが、サービスを提供する側の心のこもった「おもてなし」は共通する所ではないでしょうか。 &nb ...続きを読む

花粉症の対策を! 薬を使わない方法を3つ ご紹介。

  この季節、花粉症体質の人は辛いですよね。咳やクシャミ、目のかゆみ、鼻水が止まらないと仕事にも差し支えます。   市販されている鼻炎カプセル薬の効果は一定程度あることがわかっています。しかし眠気、高価、寛 ...続きを読む

相撲? コント? 禁じ手を連発する「初っ切り」相撲が面白い

  日本伝統の国技、相撲は厳粛な雰囲気の中で真剣勝負の力士同士がぶつかり合い、一瞬で決着が付く。そこにお笑いの要素などもってのほか。のはずなのに、こんなの観たことない! そんなユーモアと意外性あふれる「一番」の世界がある ...続きを読む

PAGE TOP