アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  息子を愛する父が欲しかった時間

息子を愛する父が欲しかった時間

これは一人息子をもつ父の物語です。

嫁は亡くなり、男手一つで息子を育ててきました。

男親だからか、父親は厳しく息子を育てました。

「諦めるな 男の子だろ!」

決して口には出しませんでしたが、もちろん、思っていました。

「俺はお前が世の中で一番愛しい」と 

(母の遺影が見守る父子二人の食卓)会話をする事もなく、無言で食事をするだけです。

息子はずっとギターに夢中で、父と息子は度々衝突してきました。

ある日、息子がついた嘘に怒り出す父。

息子は何かを隠していたのでしょうか。息子が、バンドの仲間の家に入り浸っていることを父は知っていました。

「出て行け!」

息子の不遜な態度に、思ってもない言葉を投げつける父。

しかし、愛する息子。

それでも聴いてあげたいと、今なら感じています。彼が伝えたいことを。

いなくなって感じる、謝りたいという気持ち。

「彼の歌を聞きたい」、そして話したいと心の底から思い、後悔します。

息子も同じ気持ちだったのでしょうか。

父は息子からコンサートに招待されます。

一路、車を走らせる父。

これまでの事を後悔しているのでしょうか。現実にはなかった息子との楽しい時間を頭に描きます。

分かりあった二人、笑いのたえない家族団欒。

息子の好きな音楽で父子共に楽しむひととき。 

父は後悔するだけです。

 

「今よりも、もっと彼の相手をしてあげたかった。」

 

虚実が入り混じったようなこの物語の結末は、ご自身の目でお確かめください。

 

 

この記事を見た方は、この特集も見ています

【本当に安心できる社会保障とは?】第15回「60歳からの主張」を募集

  公益社団法人 全国老人福祉施設協議会では、来たる平成30年9月17日(月)敬老の日から11月11日(日)まで、満60歳以上の方から長い人生で見聞し、経験されたそれぞれの<味わい><深みを持った>多様なご意見を「60歳から ...続きを読む

「ノンアクティブシニア」が考えていることは? アクティブシニアとパッシブシニアの境界で

  65歳を迎えて時間とお金に余裕の出来た世代の今後は、大きく3つに分かれます。旅行・スポーツ・資産運用など人生を豊かにすることに積極的なアクティブシニア、要介護状態のパッシブシニア、そしてそれらの間にある「ノンアクティ ...続きを読む

シニアと呼ばれたくない? 調査データが裏付ける50~60世代の心理と行動

  60歳を過ぎても身体はピンピン。頭も心も認知症とは無縁な、いきいきアクティブ生活。だから「シニア」「シルバー」と呼ばれて違和感を感じても不思議ではありません。自分の中では現役であり、「ミドル」の気持ちのまま。自他とも ...続きを読む

【50代60代独身男女の恋愛結婚意識調査】パートナーが「いる」「ほしい」独身者は全体の 48.2%! 「パートナーはほしいけど…」何をしたらよいのかわからない人が多数!

  恋愛や結婚は人生を豊かにする為の選択肢のひとつではないでしょうか。 今回、中高年専門の結婚相手紹介サービス「楽天オーネット スーペリア」が、日本全国の 50 歳から 69 歳の独身男女 956 名を対象に実施しました「 ...続きを読む

年末年始は家族でスキー場へGO! 正月にゲレンデで雪遊び、予約不要で日帰り旅行

  まとまった休みが取れる数少ない機会の年末年始に、家族でスキー&スノボー旅行がオススメです。さっそく物置の中にあるスキー板・スノーボードを探しに行きましょう。   仕事納めから仕事始めまで日数は1週間前後 ...続きを読む

PAGE TOP