アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  奈井江町銘菓「バター羊羹」を製造する、京屋製菓の歴史と魅力

奈井江町銘菓「バター羊羹」を製造する、京屋製菓の歴史と魅力

 

北海道空知郡奈井江町にある奈井江駅から程近く、広い空と澄んだ空気に囲まれた大地でバター羊羹は作られる。地元民に愛される銘菓「バター羊羹」を製造する、京屋製菓の歴史と魅力をご紹介いたします。

 

京屋製菓の歴史

京屋製菓は昭和27年に和菓子屋として創業後、学校給食を主に営んできました。地元に密着して営業していく中で、奈井江の名物を作りたいと考え、先代とともに試行錯誤の日々。お正月用の口取りとして隅っこに入れていた羊羹の評判が良かったため、1年もの試作を重ね、バターの産地や配分にこだわり、遂にバター羊羹が完成。商工会にも持っていき、多くの方から美味しいとの言葉をいただき商品化が決定。

奈井江町にある京屋製菓

 

創業当時から使っている窯。この窯で羊羹を丁寧に1時間練り上げる。

 

奈井江町の魅力

奈井江町の印象は都会から来ると特に感じる、ゆったりとした町の雰囲気。人の繋がりが温かく、優しい時間が流れる場所。昔は牧場があちこちにあり、バター羊羹には北海道産バターが贅沢に使用されている。幸せを感じる優しい味は、奈井江の町を象徴しているようにも感じられる。

 

奈井江町の道の駅「ハウスヤルビ奈井江」。ここでもバター羊羹を購入することが可能。

 

バター羊羹のご購入はこちら

バター羊羹の美味しさの秘密

北海道産白花豆、ビート糖に加え新鮮なバターを贅沢に使用していることでまろやかで優しい味わいとなっている。工場ではひとつひとつ、手に取っていただく方を思い、心を込めて手作りをしています。

 

北海道産の新鮮なバターを使用。

 

「自分で満足・納得できる仕事をしたい」と砂田社長。

 

砂田 純氏の大人動画はこちら

 

北海道、奈井江町のゆったりとした町で作られるバター羊羹。

京屋製菓では優しい味わいの奈井江町銘菓を今日も皆様にお届けしています。

 

バター羊羹の製造動画

この記事を見た方は、この特集も見ています

【認知症に対する意識調査】71.2%は認知症予防に興味あり

  認知症の患者数は2012年時点で全国約462万人と推計されており、2025年には認知症のみで700万人、軽度認知障害を含めれば1300万人になるといわれています。約10年で1.5倍に増える見通しで、65歳以上の高齢者 ...続きを読む

50歳から始めるアクティブスポーツ施設利用のすすめ

  近年の健康ブームにより、体を動かす人が全年齢的に増えています。健康維持や強化のためにもアクティブスポーツを始めるのに便利な施設をご紹介します。      スポーツジム、フィットネス ...続きを読む

仮想通貨の種類まとめ。ビットコイン以外どうなの? 資産運用先としては?

  貨幣や紙幣というモノとして実在しない通貨ではありますが、SuicaやFericaのような電子マネーとは全く違います。価値の相対的な変動と電子取引の仕組みを見ると、外国為替取引銘柄(FX)に近いかもしれません。 &n ...続きを読む

新資格リフォームソムリエが誕生。ワイン、野菜に続くリフォーム専門アドバイザー

  何にでもソムリエと付ければ立派なプロフェッショナルに聞こえてしまいます。ことリフォーム業界に関しては、素人の私達にとって助かりそうな制度になりそうですね。   受験資格は不問で、住環境やリフォームに興味 ...続きを読む

ふしぶしのつらさに「北国の恵み」サプリメントを購入する理由とは? グルコサミンとは違う軟骨成分をそのまま配合

  しつこいふしぶしのつらさは年齢を重ねるごとに深刻になりがちです。グルコサミンのサプリメントでは満足できなかった、そんな理由で諦めている人にこそ試してほしい今注目の天然由来サプリメントがあります。   実 ...続きを読む

PAGE TOP