アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  奈井江町銘菓「バター羊羹」を製造する、京屋製菓の歴史と魅力

奈井江町銘菓「バター羊羹」を製造する、京屋製菓の歴史と魅力

 

北海道空知郡奈井江町にある奈井江駅から程近く、広い空と澄んだ空気に囲まれた大地でバター羊羹は作られる。地元民に愛される銘菓「バター羊羹」を製造する、京屋製菓の歴史と魅力をご紹介いたします。

 

京屋製菓の歴史

京屋製菓は昭和27年に和菓子屋として創業後、学校給食を主に営んできました。地元に密着して営業していく中で、奈井江の名物を作りたいと考え、先代とともに試行錯誤の日々。お正月用の口取りとして隅っこに入れていた羊羹の評判が良かったため、1年もの試作を重ね、バターの産地や配分にこだわり、遂にバター羊羹が完成。商工会にも持っていき、多くの方から美味しいとの言葉をいただき商品化が決定。

奈井江町にある京屋製菓

 

創業当時から使っている窯。この窯で羊羹を丁寧に1時間練り上げる。

 

奈井江町の魅力

奈井江町の印象は都会から来ると特に感じる、ゆったりとした町の雰囲気。人の繋がりが温かく、優しい時間が流れる場所。昔は牧場があちこちにあり、バター羊羹には北海道産バターが贅沢に使用されている。幸せを感じる優しい味は、奈井江の町を象徴しているようにも感じられる。

 

奈井江町の道の駅「ハウスヤルビ奈井江」。ここでもバター羊羹を購入することが可能。

 

バター羊羹のご購入はこちら

バター羊羹の美味しさの秘密

北海道産白花豆、ビート糖に加え新鮮なバターを贅沢に使用していることでまろやかで優しい味わいとなっている。工場ではひとつひとつ、手に取っていただく方を思い、心を込めて手作りをしています。

 

北海道産の新鮮なバターを使用。

 

「自分で満足・納得できる仕事をしたい」と砂田社長。

 

砂田 純氏の大人動画はこちら

 

北海道、奈井江町のゆったりとした町で作られるバター羊羹。

京屋製菓では優しい味わいの奈井江町銘菓を今日も皆様にお届けしています。

 

バター羊羹の製造動画

この記事を見た方は、この特集も見ています

30年後に恩返しした医師と料理人の野菜スープ物語

一袋の野菜スープを巡る感動物語をご紹介します。「与える事」の意味とは何なのでしょうか。(動画あり) 雑多な路地で、女性が子供から物を荒々しく取り上げています。「こっちにおいで、泥棒! 見せろ、何を盗んだんだい?」  万 ...続きを読む

50代以上にこそ必要なサード・プレイス 自宅でも職場でもない第三の居場所

  働き盛りの50代にとって、最も長く過ごす場所は会社の職場であり、次に自宅です。多忙を極めると、自宅へ帰る理由は寝るためだけ、なんてことも。   一般的な社会人の日常生活は自宅と職場の往復になりがちです。せい ...続きを読む

【足の悩みに関する意識調査】4割以上の方が外反母趾に悩まされているということが明らかに

  「おしゃれは足元から」と言いますが、皆さま、靴は何足持っていますか? 今回皆さまにご紹介する全国の40~60代の女性約1,400名を対象とした調査結果(fitfit調べ)では、実に、その9割以上の方が、約8足の&rdq ...続きを読む

数滴で本格フレンチ化! 高級「トリュフオイル」で料理をゴージャスに大変身

画像: www.order-cheese.com   世界三大珍味の一つ「トリュフ」。高級フレンチでしかお目にかかれないレアな食材ですが、「トリュフオイル」なら誰でもお手軽にトリュフの風味を楽しめます。 &nb ...続きを読む

【セミナーレポート】はちみつマイスターが伝える『暮らしを彩るはちみつ講座』

5月18日(水)14時30分より、『暮らしを彩るはちみつ講座』が開催されました。 食空間コーディネーターの大石 結子さんより、はちみつの種類や成分と効能のお話しをさせて頂きましたが、お話しさせて頂いた美容や健康などの効果効能、食べ方、 ...続きを読む

PAGE TOP