アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  奈井江町銘菓「バター羊羹」を製造する、京屋製菓の歴史と魅力

奈井江町銘菓「バター羊羹」を製造する、京屋製菓の歴史と魅力

 

北海道空知郡奈井江町にある奈井江駅から程近く、広い空と澄んだ空気に囲まれた大地でバター羊羹は作られる。地元民に愛される銘菓「バター羊羹」を製造する、京屋製菓の歴史と魅力をご紹介いたします。

 

京屋製菓の歴史

京屋製菓は昭和27年に和菓子屋として創業後、学校給食を主に営んできました。地元に密着して営業していく中で、奈井江の名物を作りたいと考え、先代とともに試行錯誤の日々。お正月用の口取りとして隅っこに入れていた羊羹の評判が良かったため、1年もの試作を重ね、バターの産地や配分にこだわり、遂にバター羊羹が完成。商工会にも持っていき、多くの方から美味しいとの言葉をいただき商品化が決定。

奈井江町にある京屋製菓

 

創業当時から使っている窯。この窯で羊羹を丁寧に1時間練り上げる。

 

奈井江町の魅力

奈井江町の印象は都会から来ると特に感じる、ゆったりとした町の雰囲気。人の繋がりが温かく、優しい時間が流れる場所。昔は牧場があちこちにあり、バター羊羹には北海道産バターが贅沢に使用されている。幸せを感じる優しい味は、奈井江の町を象徴しているようにも感じられる。

 

奈井江町の道の駅「ハウスヤルビ奈井江」。ここでもバター羊羹を購入することが可能。

 

バター羊羹のご購入はこちら

バター羊羹の美味しさの秘密

北海道産白花豆、ビート糖に加え新鮮なバターを贅沢に使用していることでまろやかで優しい味わいとなっている。工場ではひとつひとつ、手に取っていただく方を思い、心を込めて手作りをしています。

 

北海道産の新鮮なバターを使用。

 

「自分で満足・納得できる仕事をしたい」と砂田社長。

 

砂田 純氏の大人動画はこちら

 

北海道、奈井江町のゆったりとした町で作られるバター羊羹。

京屋製菓では優しい味わいの奈井江町銘菓を今日も皆様にお届けしています。

 

バター羊羹の製造動画

この記事を見た方は、この特集も見ています

認知症対策のコツは脳トレ! 毎日続けて自宅で予防。予備軍はお早めに

  認知症対策は今後間違いなく数十年間にわたる課題となります。ひとたび認知症を発症した高齢者をお世話するのは下の世代ですから、少子高齢化対策とセットにして官民協力して取り組む必要があるでしょう。   介護施 ...続きを読む

2016年11月17日木曜日解禁のボジョレーワインに合うマリアージュはコレ! チーズ&トマトが相性最高

  いよいよ2016年のボジョレーヌーボー解禁まであと1ヶ月を切りましたね。今年の出来やキャッチコピーが気になり始めているかと思います。   ボジョレーワインは通常のワインと製法が異なり、葡萄を房のままタンクに ...続きを読む

新生活の引っ越し挨拶でお隣さんに配るオススメの粗品

  この3月4月から別天地で新しい生活、新しい仕事を始められる方が多いシーズンです。新卒のフレッシュマンだけでなく、さらなるキャリアアップを目指して転職したり会社都合で転勤なさる方も多いでしょう。   一部で近 ...続きを読む

写真撮影で基本の構図3つ。三分割法や対角構図など。50代からカメラを始めて上達するコツまとめ

  写真を撮る時、被写体を真ん中にあわせるだけでは腕前が上達しません。また、長くカメラ趣味を続けていくとマンネリ感を招いてしまいます。   構図に一工夫して、同じ風景をより効果的に魅せてみましょう。これから ...続きを読む

50代にふさわしい週末の過ごし方。大人の余裕を最大限に活かした豊かな休日を。

  皆さま、週末はどのようにお過ごしでしょうか。子供も大きくなって家族一緒に出掛ける事もあまり無くなってくる頃、お父さんお母さんのプライベートにも自分なりの余暇を楽しむ自由な時間が増えてきます。   日がな ...続きを読む

PAGE TOP