アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  30年後に恩返しした医師と料理人の野菜スープ物語

30年後に恩返しした医師と料理人の野菜スープ物語

一袋の野菜スープを巡る感動物語をご紹介します。「与える事」の意味とは何なのでしょうか。(動画あり)

雑多な路地で、女性が子供から物を荒々しく取り上げています。

「こっちにおいで、泥棒! 見せろ、何を盗んだんだい?」 

万引きした子供の手には薬と栄養ドリンクがありました。

「これをどうするつもりなの?」

 

「お母さんにあげるんだ」

そこへ見ていた男性が割って入ります。

「待て、お母さんは病気なのか?」

うつむいたまま、無言でうなづく子供。

男性は黙って商品の代金を建て替えてやり、女性に支払います。

そして野菜スープを取ってくるよう娘に指示しました。

どうやら料理屋の店長だったようです。

男性は野菜スープの袋に薬と栄養ドリンクを入れ、子供に手渡しました。

これを持って早く行け、というように男性が軽く頷いてやると、脱兎のごとくその場から走り去る子供。

それから時は移って30年後。

男性は今も変わらず料理店を続けており、大きくなった娘と一緒に切り盛りしています。

そこへ見窄らしい風体の人が両手を合わせて訪れました。

店主がそれに気付くと何やら袋に料理を詰めて、手渡しました。お金のやり取りはありません。

「ほら、持ってきな」

「次の注文は?」 と仕事に戻ろうとした店主が、突然後ろに倒れこみます。

慌てて駆けつける娘さん。

そこは病院です。

お父さんは未だ目覚めません。

娘さんが治療費明細を見ると、とても高額な金額が書かれています。

医師とも相談し、父を助けるためにやむなくお店を売家に出します。

病室で寝込む父の傍ら、途方に暮れる娘さん。 

ベッドの上にある手紙に気付きます。

それは病院から改めて届いた治療請求書でした。

額面は、0円。

「すべての費用は30年前に支払い済み」

「3つの鎮痛剤と、1袋の野菜スープによって」

「心よりの敬意を」

感謝の言葉と共に、医師の名前がサインされていました。

この医師は、30年前に助けたあの盗みを働いた子供だったのです。

今では立派に医者として成長していました。

そして偶然にも、自分を助けてくれた人に恩返ししたのです。

 

なんと、この物語は実話をベースにしています。

米国で幼少期に貧しく、医師の勉強を諦めかけていた少年が、ある日少女からもらった一杯のミルクに勇気づけられました。

それから数十年が過ぎ、医師になった青年があの時の少女と再開した時、彼女は重い病気を患っていましたが、彼の懸命の治療により回復します。

彼女が病院から受け取った医療費請求書には金額ではなく、こう書かれていたそうです。

 

「支払いは済んでいます。1杯のミルクで」

人に手渡すこと、与えることが最高のコミュニケーションであり、いつか報われる。

それは私達が望む社会であり、長く生きるほど身に沁みて実感する物語ですね。

 

 

この記事を見た方は、この特集も見ています

元気がない肌に迷った時の60代へ贈る基礎化粧品探しのコツ

年々シワや皮膚のたるみが目立って元気がなくなってくるお肌。原因は加齢、生活習慣、その両方かもしれません。でも真っ先に見直したいのは、今まで使ってきたコスメ。それもお肌に直接作用する基礎化粧品ではないでしょうか。   間違っ ...続きを読む

甘さ控えめ大人向けスイーツ。甘いものが苦手になりつつある40代50代でも嗜めるビター系。

  まさか、若い頃あんなに好きだったお菓子類が苦手になる日が来るなんて。加齢に伴う味覚の変化には、我が身のことながら驚かされますね。砂糖てんこ盛りの甘いケーキやジュースがキツイ…2口、いや1口で、もう結構。 ...続きを読む

50代から介護関連で起業できる職種を3つご紹介! 今後さらに需要が高まる仕事

  今後重要視は確実ながら、薄給激務と噂されて人気が上がらない介護職。50代からの起業デビューを考えるなら、あえてこのいろいろな意味でホットな介護業界を検討してみては。施設に勤務する以外にも、介護に関連する周辺職種はたく ...続きを読む

81歳の日本人女性がゼロから5ヶ月で作ったiPhoneアプリがすごい!

  いるところにはスゴイ人がいるものです。81歳で心身ともに健康というだけで驚きですが、なんと知識ゼロの素人状態からプログラミング言語を覚え、わずか5ヶ月でiPhone用ゲームアプリをリリースするに至った日本のスーパーお ...続きを読む

離島に佇む上質な環境でゆったりした大人の島時間を

豊かなライフスタイルを求める私達には、時には、リフレッシュする時間が必要です。それにはカフェなどで過ごす日常の息抜きだけではなく、思わずハッと息を呑む驚きと興奮に満ちた非日常空間はいかがでしょうか。 経済的、時間的なゆとりが生まれつつ ...続きを読む

PAGE TOP