アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  【本当に安心できる社会保障とは?】第15回「60歳からの主張」を募集

【本当に安心できる社会保障とは?】第15回「60歳からの主張」を募集

 

公益社団法人 全国老人福祉施設協議会では、来たる平成30年9月17日(月)敬老の日から11月11日(日)まで、満60歳以上の方から長い人生で見聞し、経験されたそれぞれの<味わい><深みを持った>多様なご意見を「60歳からの主張」というかたちで、エッセイ・小論文と川柳を募集いたします。

 

本イベントは、60歳を第2の人生としてのスタートと考え、より良い日本創りへの発信が期待される60歳以上の方々から多くの作品を募集、顕彰し、今年で15回目を迎えます。

これは、高齢者福祉・介護を中心に70年を超える活動を行ってきた本会が、高齢期をむかえた人たちの生の声を拾い、応援し今後の活動に役立てるために平成16年から企画、実施しております。

 

これまで応募された作品には、今日の平和で豊かな国づくりの一端を担ってきた60歳以上の方々の生き方や知恵がたくさん詰まっています。少子高齢、人口減少社会に対する社会保障制度のあり方への不安や不満、今日の日本への提言・苦言などを訴える作品はもちろん、応募者の多くが人生を楽しみ、前向きに、素敵に年を重ねているということ、自分のできる範囲の中で楽しみ、生きがいを見つけ、人生をエンジョイしているということが特徴です。そして高齢者といわれる年齢になってからも新たな挑戦に取り組む方々が多く見受けられます。

 

全国老施協では、社会保障を“私たちが生まれてから最期を迎えるまでの生活の全て”と考え、例えば、「超高齢社会を生きる」「次の世代に伝えたいこと」「自らのエンディングノートを考える」といったテーマで幅広い分野における様々なご意見・ご要望・アイデアを募集します。

 

今年度も翌年1月14日の成人の日に、“もう一つの成人式”として東京都中央区・時事通信ホールにて発表・表彰式を行います。

 

応募要項は別紙の通りです。

 

▼これまでの入賞および優秀賞の作品は―

『今のニッポンを斬る!考える!「日本の失ったもの」』(第1回入賞/60歳・女性)

多様な人生経験をもつ60歳以上の「この国のありよう」の提言。

 

『控えめ・慎みを失った日本文化』(第2回優秀賞/69歳・男性)

世の中から消えかけている言葉「さりげなく」や「たしなむ」という微妙な意味の重要さを考える。

 

『若者と共生 輝いて生きる』(第3回優秀賞/66歳・男性)

再就職して、溶接作業に従事し苦労したが、職場の問題点を解決するためのグループを構成し活動することによって若者と共生。

 

『「出会い」が変える。』(第4回優秀賞/61歳・男性)

リタイア後の再就職の苦労と喜び、地域活動への参加。新たな“出会い”に活動の場を切り開いていこうとする意欲。

 

この記事を見た方は、この特集も見ています

イタリア・シチリア島発祥の新食感スイーツ、ブリオッュ・コン・ジェラート専門店(ブリジェラ)

昨年5月の日本上陸以降、行列が出来るスイーツ店で話題の『Brigela(ブリジェラ)』 オープン初日に最長3時間10分待ちを記録した1号店の清澄白河店、2号店のお台場店、3号店のラフォーレ原宿店に続き、5月3日に「ブリジェラ大宮店 ...続きを読む

50代から介護関連で起業できる職種を3つご紹介! 今後さらに需要が高まる仕事

  今後重要視は確実ながら、薄給激務と噂されて人気が上がらない介護職。50代からの起業デビューを考えるなら、あえてこのいろいろな意味でホットな介護業界を検討してみては。施設に勤務する以外にも、介護に関連する周辺職種はたく ...続きを読む

家庭菜園は「水耕栽培」が簡単お手軽! ペットボトルでも始められる土が要らない野菜作り

  プランターに土を買ってきて肥料をまいて水を上げて…と手間がかかる印象から、家庭菜園を敬遠していませんか。もっとも、それでも畑で作る作業に比べたら随分と簡単なほうなのですが。   室内で土に ...続きを読む

寿司店主の提案する極上弁当「たけ本」が一味も二味も違う。お弁当に込めた寿司職人の情熱

  北九州市小倉北区の寿司竹本の店主が提案する、御弁当「たけ本」。和食の美しさ、美味しさを最大限に引き出し、そのすべてを折に詰めて届けられます。   お弁当のバラエティーは実に豊か。和膳をはじめ、彩りの手毬寿司 ...続きを読む

2016年の年賀ハガキはこれ! 今年の郵便局お年玉つき年賀葉書を紹介

  お年玉付き年賀はがきといえば、表の下部にお年玉賞品くじの番号が楽しみですよね。毎年たくさんの年賀状を送り合っている方なら、2016年の年賀はがきで当たるお年玉賞品をワクワクして待っておられるのではないでしょうか。 &n ...続きを読む

PAGE TOP