アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  81歳の日本人女性がゼロから5ヶ月で作ったiPhoneアプリがすごい!

81歳の日本人女性がゼロから5ヶ月で作ったiPhoneアプリがすごい!

 

いるところにはスゴイ人がいるものです。81歳で心身ともに健康というだけで驚きですが、なんと知識ゼロの素人状態からプログラミング言語を覚え、わずか5ヶ月でiPhone用ゲームアプリをリリースするに至った日本のスーパーおばあちゃんを紹介します。

 

アプリを通じて自己実現できる

次に作りたいアプリを「シニア世代が喜ぶ、日本の伝統や文化を次の世代に伝えられるようなアプリにしたい」と語る81歳プログラマー若宮正子さんが今なお邁進するプロジェクトのコンセプトは「親子3代で楽しめるゲームアプリ」だそうです。親子2代ではありません。親と子と孫、接してきたIT環境が全く異なりデジタルデバイドが生まれざるを得ない3者だからこそ、遊べるアプリは共通の題材でシンプルなゲーム性が望ましい。初めて雛壇の意味を理解した幼稚園児も、初めてスマホを触るおばあちゃんも、みんなで一緒にワイワイ楽しめる作りになっています。

 

ひな壇並べゲーム「hinadan」は、形にしたかった自分のコンセプトを実現できているといえるでしょう。プログラミング言語の習得に資金も若さも要りません。必要なのは根気と情熱だけといっても過言ではなく、80代を迎えてもまだまだ世の中にコミットできる可能性があると教えてくれる事例です。

 

プログラミング学習に年齢制限はない

http://toyokeizai.net/articles/-/174799

職業上、コーディングを主業務とするプログラマーは平均年齢が比較的低めで、開発現場では20代から30代が大勢を占めています。そうなってくると囁かれるのが40歳定年説。中には40歳を過ぎてもコーディングを続ける人もおられますが、どちらかというとリームリーダー寄りのマネージャー業務に傾いていき、やがてプログラムを直接書くことはなくなり設計や運用を担う、そんなキャリアを辿る人が大半。第一線を退くと、新しい開発言語やアルゴリズムに直接触れる機会も減って徐々にプログラミングから疎遠になっていくものです。

 

40代50代のIT業界経験者でさえ、今から最新のiPhoneアプリ開発言語(Swift)を新しく覚えて5ヶ月以内に開発完了し、AppStoreにリリースしようと言われて、果たして達成できるかどうか。衰えたスポンジの吸水力は20代30代の若い人とは比べるべくもありませんから。にも関わらず若宮さんの事例を知ってしまうと、年齢の限界は幻想だということ、新しい頭脳労働であるプログラミングには年齢制限がないという現実を突き付けられます。これは何歳になっても世界にインパクトを与えられるアプリを作れる、という明るい希望であり、アップルのCEOティム・クックも若宮さんとの会話の中で「我々は勇気づけられました」と感動を表していたそうです。

 

大きく離れた年上の発想は若者にとって新鮮に映る

 

正直に申し上げて、ひな壇は一番上が向かって右にお雛様、左にお内裏様という他は並び順の記憶が曖昧でした。2段目、3段目に何の人形がどのような順番で設置されているか、正確に当てられる方はすごいですね。60代、70代にもなると常識なのでしょうか。

 

改めて考えてみると、年に一度のひな祭りで物置から引っ張り出してくるひな壇は、誰しもが何度となく目にしたことがあるのに極めてうろ覚えなモチーフだといえます。それをゲームにしてみようという着眼点がまずすごい。日本には20代30代のゲームアプリクリエイターが多数おりますが、「ひな壇」そのものをゲーム化するという発想はとても新鮮に映ります。

 

何歳になっても遅すぎる挑戦というものはない

 

81歳でアプリストアデビューする人がいるのですから、90歳で出来ない理由もありません。結局、何歳になってもヤル気次第では可能なんですよね。65歳でリタイアしたあと畑違いの分野に挑戦、その後はどれだけモチベーションを維持できるかにかかっています。目標がない、という方は続けながら徐々に絞り込んで定めていくのでも問題ありません。具体的なほど達成感につながって良いでしょう。

 

最高齢の逆もまた真なり。日本には例えば若干10歳でプログラミングコンテストに優勝し、14歳で3社のベンチャー企業にコミットしたスーパー中学生が実在します。早すぎるということもないのです。世界は広い、とりわけIT業界は、とよく聞きますが、日本も十分に広く深いポテンシャルを秘めていると気付かされる偉業のご紹介でした。

 

 

この記事を見た方は、この特集も見ています

ホワイトデーのプレゼントは何倍返し? 3倍返しなど倍率で考えるお返し相場

  3月14日はホワイトデー。2016年の3月14日は月曜日なので、週末にプレゼントを探しに行ける時間があって助かります。   普通にオシャレで程々の予算でホワイトチョコレートを買うつもりだとしたら、ちょっと待 ...続きを読む

50代以上にこそ必要なサード・プレイス 自宅でも職場でもない第三の居場所

  働き盛りの50代にとって、最も長く過ごす場所は会社の職場であり、次に自宅です。多忙を極めると、自宅へ帰る理由は寝るためだけ、なんてことも。   一般的な社会人の日常生活は自宅と職場の往復になりがちです。せい ...続きを読む

究極の自由な旅を。キャンピングカーで手軽に非日常的な生活が手に入る

  手にした人にしか分からない特別な自由があります。好きな場所に気が済むまで滞在し、時間に縛られることはありません。   快適で機能的な住空間と共に移動できるキャンピングカーは今なお進化し続けており、新しい発見 ...続きを読む

千葉商科大学がシニア世代に向けた公開講座「2017 CUCシニア大学」を開講~シニア世代の社会への関わり方~

  千葉商科大学(学長:原科幸彦)地域連携推進センター(センター長:鈴木孝男)では、シニア世代に向けた公開講座「CUCシニア大学」を昨年度に引き続き開講します。今年度は「シニア世代の社会への関わり方」をテーマに、5月20日( ...続きを読む

最愛の母親を亡くした娘と父親の物語

大切な人が亡くなった時の悲しみはたとえようもないほど大きい。 誰よりも近しい存在の母親を亡くした娘の悲痛な気持ちと、その父親の”娘を思う気持ち”を表した物語をご紹介します。(動画あり)   最愛の ...続きを読む

PAGE TOP