アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  【イベントレポート】世界で唯一の、足でこげる車いす「COGY (コギー) 」

【イベントレポート】世界で唯一の、足でこげる車いす「COGY (コギー) 」

2016年6月21日(火)に、世界で唯一の、足でこげる車いす「Profhand(プロファンド)」が、ネーミング・ブランドを一新し、「COGY (コギー) 」として再スタートしたことを記念した「COGYお披露目発表会」がおこなわれましたので、皆さまに、当日の様子も含め、「世界で唯一の、足でこげる車いすCOGY」をご紹介いたします。

  

 

自分の足で歩く夢をもう一度与える「COGY」

製造・販売を行う株式会社TESS 代表取締役社長の鈴木堅之さんは、COGYというネーミング・ブランドをリローンチするにあたって、「親しみやすい名前というだけではなく、”自分の足を動かすことをあきらめてほしくない””もう一度COGYで夢をみて欲しい”」と、熱い想いを語りました。

 

  

 

「少しでも多くの方に足を動かす喜びを伝えていきたい」という想いで生まれた「COGY」。

世界で唯一の、足でこげる車いす「COGY」。

   

東北大学の半田康延教授の研究によって考えられたメカニズムを活用した「COGY」は、脳卒中で半身が麻痺した方、腰痛、膝関節痛などで歩行困難な方でも、自分の両足でペダルをこぎ、自由に走り回ることができる画期的な車いすです。

 

通常、人が歩行するときは、脳からの信号が脊髄を介し足を動かしています。

しかし、足が不自由な方は、脳からの指令がうまく足に伝わりません。

COGYに乗った方の足が動くのは、脳からの指令ではなく、右足を動かしたあとは左足という反射的な指令が、脊髄の「原始的歩行中枢」からでていると考えられます。

つまり、片方の足がわずかでも動けば、反射的な指令によって、もう片方の麻痺していた足が動くというわけです。

 

  

  

足が悪くてもペダルを漕ぐだけで、歩くことさえ可能に

東北大学 名誉教授 半田 康延さんからは、COGYのメカニズムの側面について。

「人が足を動かす時に脳から出されている信号が、足が不自由な方の足にはうまく伝わらず、足を動かすことができません。しかしCOGYは、脳からの信号の代わりに、ペダルを少しでも漕ぎだすことで、脊髄から反射的に発せられる”原始的歩行中枢”を刺激。片足が少しでも動かせるのなら、脳を介さない反射的な指令で、ペダルをこぐことができるのです。」

 

 

 

「押さなくていいよ」と振り向いたら、誰もいなくて驚いた

COGYを実際に使用されているユーザーの山崎さんは、5年前に足こぎ車いすに出会ったときの思い出をお話。

初めて足こぎ車いすに乗った際、あまりにスムーズに動くので、「もう押さなくていいよ」と後ろを振り向いたところ、誰が押しているわけでもなく、山崎さん本人が自力で漕いでいたことに気付き驚いたそうです。

この記事を見た方は、この特集も見ています

撮影した写真を写真展やフォトコンテストに出品。表舞台でカメラ技術を評価される貴重な経験

趣味のカメラですから、撮影した写真を他人に公開する必要はありません。けれども、渾身の力作、1,000枚に1枚撮れるかどうかの神ショットが生まれたら、ぜひ世に広めてみませんか。   フォトコンテストや写真展は春夏秋冬、全 ...続きを読む

高所得者御用達! 税金対策に高級車をクレカで購入する理由とは?

  会社経営者、個人事業主、個人事務所所属の芸能人などが平然と高級車を乗り回しています。無駄遣いしているなあ、と思った方は残念ながら税金の知識が豊かとはいえません。   何百万円もするラグジュアリーカーを購 ...続きを読む

ダイバーシティーが高齢化社会を活性化。年齢、性別、国籍等の違いを受け入れた多様性組織とは?

  何事も前に進むためには、否が応でも多様な価値観を受け入れる必要性を感じずにはいられない昨今。実物大ガンダムがそそり立っているお台場ダイバーシティ東京プラザのことではありません。Zeppダイバーシティ東京とも違います。 ...続きを読む

頭の体操できていますか? 難しい「なぞなぞ」で脳トレを楽しもう

  柔軟で冴えた頭を維持するには、何十歳を過ぎても脳トレが効果的。パズルを解いたり数字を推理するのも有効ですね。問題を聞いて口で答えられるクイズ形式が手軽です。   老若男女で楽しめて予備知識が要らず、わず ...続きを読む

「ノンアクティブシニア」が考えていることは? アクティブシニアとパッシブシニアの境界で

  65歳を迎えて時間とお金に余裕の出来た世代の今後は、大きく3つに分かれます。旅行・スポーツ・資産運用など人生を豊かにすることに積極的なアクティブシニア、要介護状態のパッシブシニア、そしてそれらの間にある「ノンアクティ ...続きを読む

PAGE TOP