アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  【イベントレポート】世界で唯一の、足でこげる車いす「COGY (コギー) 」

【イベントレポート】世界で唯一の、足でこげる車いす「COGY (コギー) 」

2016年6月21日(火)に、世界で唯一の、足でこげる車いす「Profhand(プロファンド)」が、ネーミング・ブランドを一新し、「COGY (コギー) 」として再スタートしたことを記念した「COGYお披露目発表会」がおこなわれましたので、皆さまに、当日の様子も含め、「世界で唯一の、足でこげる車いすCOGY」をご紹介いたします。

  

 

自分の足で歩く夢をもう一度与える「COGY」

製造・販売を行う株式会社TESS 代表取締役社長の鈴木堅之さんは、COGYというネーミング・ブランドをリローンチするにあたって、「親しみやすい名前というだけではなく、”自分の足を動かすことをあきらめてほしくない””もう一度COGYで夢をみて欲しい”」と、熱い想いを語りました。

 

  

 

「少しでも多くの方に足を動かす喜びを伝えていきたい」という想いで生まれた「COGY」。

世界で唯一の、足でこげる車いす「COGY」。

   

東北大学の半田康延教授の研究によって考えられたメカニズムを活用した「COGY」は、脳卒中で半身が麻痺した方、腰痛、膝関節痛などで歩行困難な方でも、自分の両足でペダルをこぎ、自由に走り回ることができる画期的な車いすです。

 

通常、人が歩行するときは、脳からの信号が脊髄を介し足を動かしています。

しかし、足が不自由な方は、脳からの指令がうまく足に伝わりません。

COGYに乗った方の足が動くのは、脳からの指令ではなく、右足を動かしたあとは左足という反射的な指令が、脊髄の「原始的歩行中枢」からでていると考えられます。

つまり、片方の足がわずかでも動けば、反射的な指令によって、もう片方の麻痺していた足が動くというわけです。

 

  

  

足が悪くてもペダルを漕ぐだけで、歩くことさえ可能に

東北大学 名誉教授 半田 康延さんからは、COGYのメカニズムの側面について。

「人が足を動かす時に脳から出されている信号が、足が不自由な方の足にはうまく伝わらず、足を動かすことができません。しかしCOGYは、脳からの信号の代わりに、ペダルを少しでも漕ぎだすことで、脊髄から反射的に発せられる”原始的歩行中枢”を刺激。片足が少しでも動かせるのなら、脳を介さない反射的な指令で、ペダルをこぐことができるのです。」

 

 

 

「押さなくていいよ」と振り向いたら、誰もいなくて驚いた

COGYを実際に使用されているユーザーの山崎さんは、5年前に足こぎ車いすに出会ったときの思い出をお話。

初めて足こぎ車いすに乗った際、あまりにスムーズに動くので、「もう押さなくていいよ」と後ろを振り向いたところ、誰が押しているわけでもなく、山崎さん本人が自力で漕いでいたことに気付き驚いたそうです。

この記事を見た方は、この特集も見ています

バレンタインデーでチョコを渡す場所は? 屋上や階段、遊園地など7ヶ所

バレンタインデーにプレゼントするチョコレート。これも勿論大切ですが、チョコを渡す場所もまた同じ位に重要です。   どこで贈っても良いわけではありません。相手に好意を印象づける効果的なバレンタインプレゼント場所をご紹介しましょう ...続きを読む

ボジョレーヌーボー2016の予約はいつから? 解禁日の11月17日木曜日に必ず飲める方法

  解禁日のボジョレーヌーボーを一切苦労することなく、誰よりも早く確実に飲める方法をご存知ですか。   2016年11月17日(木曜日)の解禁日、仕事が終わったあとワインショップにダッシュする? ノンノン、もし ...続きを読む

アラフィフにオススメの海外旅行先5選 ロングステイも検討したい南国トラベル紹介

  50代になってからの旅行。若い時とはまた違った見え方があるのではないでしょうか。 今回は、皆さまに快適な南国旅行が楽しめる国を5つご紹介します。   ハワイ(アメリカ)   &nbs ...続きを読む

20代~50代が思うほど老後生活は甘くない!? 資産運用が老後生活の鍵を握る!

これまでも、たびたび定年退職後の生活資金含めたお金についての実態をお伝えしてきましたが、今回、三井住友アセットマネジメント株式会社で、全国の20代から60代の計1,200名を対象に、『老後生活資金と退職金』に関する意識調査を実施いたしま ...続きを読む

タイムシェアでリゾートルームをリーズナブルに所有! 高級マンション部屋があなただけのものに

  所得も増えてきて、そろそろ憧れのリゾートマンションを。と調べていくうち、年に1,2回しか訪れない部屋に数百万、数千万円をはたき、さらに使用の有無にかかわらず管理費が月々数万円かかることが判明します。   ...続きを読む

PAGE TOP