アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  50代、60代から趣味で始める楽器のお勧めは? フルートやマンドリン音楽など

50代、60代から趣味で始める楽器のお勧めは? フルートやマンドリン音楽など

 

音楽の趣味は何歳から始めても素敵なものです。「楽譜が読めない」「センスがなくて」と諦める事はありません。興味がある楽器に触れ、楽しいと思える環境に身を置く事が大切です。様々な音楽ジャンルを選べますが、まずは一つの楽器に絞ってみましょう。50代、60代のこれから新しく始めるのに適した楽器をご紹介します。

 

管楽器

 

管状の楽器に息を吹き込んで音を出す管楽器。子供の頃は学校でリコーダーやピアニカに親しんだものです。多くの呼吸が求められますから運動になりますし、肺活量が上がって代謝も良くなります。顔回りの筋肉も鍛えられるので、50代から衰えがちなお肌のアンチエイジングにも効果的!?

 

フルート - 優雅な音色と楽器の輝き

 

 

音色の優雅さに、演奏する姿勢の美しさ。よくドレスを着た女性がフルートを吹いているイメージがありますが、男性のフルート奏者も特に珍しくありません。

 

まずはフルート専門の音楽教室で習ってみてはいかがでしょうか。最初から綺麗な音色を出せる人は、まずいません。マウスピースにあてる唇の場所と形、息の吹き込み方、角度などをレッスンで学び、ようやくフルートらしき音が出せるようになったかな? と思えるまで早くて1ヶ月以上。

 

 

西村菜美さん(@nami_fl)がシェアした投稿 -

 

安定して演奏ができるようにはさらに数ヶ月の練習が必要です。長い練習の積み重ねは、どんな楽器にもいえること。アンサンブル公演等でデビューして経験を重ね、ゆくゆくは市民オーケストラに参加できるかもしれませんね。

 

フルートの価格というと銀メッキや金メッキが施されて高そうな印象がありますが、安いものなら1万円台からあります。

 

オカリナ - 手軽ながら奥深い個性的な楽器

 

 

オカリナは口をつける歌口の部分がリコーダーと同じ構造なので音を出しやすく、子供からシニア世代までスグ簡単に演奏できる楽器です。一方で高音を出したり、狭い音域の中で豊かに表現するには高度な練習が求められる奥が深い管楽器でもあります。陶器や木材、プラスチックなど様々な素材から自由な形で作られるオカリナ。楽器そのものを自作することもできるので、自分の手作りしたオカリナなら愛着が湧きますね。

 

既製品を購入しても数千円と手軽に始められるため愛好家も多く、民間のオカリナサークルが全国に多数あります。50代、60代が中心のアマチュアオカリナ奏者が介護施設でコンサートを催していたりと、身軽でアクティブな活動も可能。今日から始めて音楽の楽しさを感じられる趣味の楽器として、オカリナはオススメできます。

 

弦楽器

 

両手を器用に動かして弦を震わせ、鋭い音色でアルペジオや和音を響かせる弦楽器もいかがでしょうか。

 

マンドリン - 古くから日本に普及してきた西洋の音

 

 

イタリア発祥の弦楽器で8弦4コースからなるマンドリンは、本体の大きさがクラシックギターよりも一回り小さくて比較的小型。そのため子供や女性でも扱いやすく、全国で数多くのサークル団体が演奏活動しています。

 

日本では1960年代から70年代にかけて大学生を中心に本格的に普及しました。その頃の世代が2000年代に再興させ、60代、70代になった今でも全国各地のマンドリンクラブでコンサートの旗振りをされていたりと活発。お住いの地域で探してみると、意外なご近所さんもマンドリンを嗜まれているかもしれません。

 

 

洋風な音色の中にどこかオリエンタルな雰囲気が漂い、日本の楽曲も非常にマッチします。特徴的なトレモロの響きにあわせて美空ひばりさんの「川の流れのように」や葉加瀬太郎さんの「情熱大陸」なんてどうでしょう。

 

少人数の合奏からオーケストラの伴奏までマルチに対応できる楽器です。もちろんソロのマンドリン独奏でシンガーソングライターを目指すのもOK。

 

ヴァイオリン - あのクラシックな響きを自宅で

 

 

クラシック音楽を始めるにあたって敷居が高く感じられる方は、ヴァイオリンが値段も技術も高嶺の花のようなイメージを持ってはいないでしょうか。確かに上を見上げればキリがありませんが、実は最近のバイオリンは1万円以下で買える入門用の品揃えが豊富なんです。

 

趣味でヴァイオリンを始めたいけどマンション住まいで大きな音が出せない、そんな騒音の心配はエレキバイオリンやサイレントバイオリンなら解消できます。弦の震えがヘッドフォンで聴ける形に電子変換されるから大丈夫。

 

マンツーマンのバイオリン教室であれば融通も効いて本格的なレッスンを楽しく始められます。自宅でも日々の研鑽を重ねるほど上達が感じられますし、場所も取らないヴァイオリンは仕事や家庭と両立したマイペースな趣味として丁度よいでしょう。

 

 

50代、60代の余暇をどう過ごすか、何歳になってからでも趣味の楽器を始める最初の一歩は、豊かな人生に必ず寄与することでしょう。 

 

この記事を見た方は、この特集も見ています

数滴で本格フレンチ化! 高級「トリュフオイル」で料理をゴージャスに大変身

画像: www.order-cheese.com   世界三大珍味の一つ「トリュフ」。高級フレンチでしかお目にかかれないレアな食材ですが、「トリュフオイル」なら誰でもお手軽にトリュフの風味を楽しめます。 &nb ...続きを読む

元気がない肌に迷った時の60代へ贈る基礎化粧品探しのコツ

年々シワや皮膚のたるみが目立って元気がなくなってくるお肌。原因は加齢、生活習慣、その両方かもしれません。でも真っ先に見直したいのは、今まで使ってきたコスメ。それもお肌に直接作用する基礎化粧品ではないでしょうか。   間違っ ...続きを読む

一眼レフとミラーレス一眼の違いは? 50代からのカメラ初心者入門

    さあカメラを始めよう、と思って家電量販店に行くも、カメラの種類が沢山あってどれを選んでいいか分からない。そんな風に困らないために、カメラの違いを前もってざっくり把握しておきましょう。   カ ...続きを読む

写真教室でカメラ撮影の腕を磨く! 変なクセが付かず基本から確実に上達するカメラセミナー

  50代から始められる方も多いカメラ。興味はあってもカメラの実機を買うまでに至らないことってありますよね。また、いざ写真を撮り始めたものの飽きて三日坊主になり続かなかったなんてことも。   シャッターボタ ...続きを読む

冬の車内に常備しておきたい雪道対策グッズ! 困った時に持ってて良かった緊急脱出アイテム

  冬の雪道では夏場に想像もつかないような不測のトラブルが発生します。専用の除雪用具がなければにっちもさっちもいかなくなるような重要アイテムの出番も。あらかじめ車内に常備しておいて、立ち往生する事態を回避しましょう。 &n ...続きを読む

PAGE TOP