アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  一眼レフとミラーレス一眼の違いは? 50代からのカメラ初心者入門

一眼レフとミラーレス一眼の違いは? 50代からのカメラ初心者入門

 

 

さあカメラを始めよう、と思って家電量販店に行くも、カメラの種類が沢山あってどれを選んでいいか分からない。そんな風に困らないために、カメラの違いを前もってざっくり把握しておきましょう。

 

カメラに馴染みのない人には特にピンと来ないのが、「一眼レフ」。そして近頃、人気を博している「ミラーレス一眼」という機種。どちらにも一眼という言葉がついています。どんな違いがあるのか、基礎知識を簡単にまとめました。

 

一眼レフとは?

 

 

本格的にカメラ撮影を始めるにあたって、最初にオススメしたい機種は何といっても本格一眼レフカメラ。

 

レンズの焦点を手動で合わせ、ISO感度を上げ下げしてですが、いきなり重くて高価な一眼レフから始めたばかりに写真撮影の面白さを実感する前に嫌気がさして止めてしまうなんてことも。

 

ミラー(反射鏡)の有無が最大の違い

 

 

ちーすけさん(@simarisunzk)が投稿した写真 -

 

一眼レフの「レフ」とは「レフレックス(REFLEX)」、つまり反射のこと。カメラの中に反射鏡(レフレックスミラー)があるから一眼レフカメラと呼ばれています。そしてこの光学式反射鏡を取っ払ったカメラが、ミラーレス一眼というわけ。

 

撮影するときにファインダーを覗いて見える光景は、反射鏡が映した絵です。この状態でシャッターを切ると一瞬だけ反射鏡が外れて、外の光がフィルムに投影されます。お馴染みの「カシャッ」という音の中に、ミラーの動作音も含まれているんですね。ミラーレス一眼は反射鏡の光の代わりに、イメージセンサーでデジタル変換された映像をファインダーに表示しています。仕組みは異なりますが、実際の使い勝手はほとんど変わりません。

 

反射鏡がないミラーレス一眼に生まれたメリット

 

 

jin2271さん(@jin2271)が投稿した写真 -

 

ミラーレス一眼は一眼レフカメラから反射鏡をなくしたカメラです。反射鏡がなくなった結果、本体内の部品と空間が減って薄く小さいカメラにすることができました。

 

デザイン性が本格的ながらコンパクトなので、女性でも簡単に操作できてオススメ。しかも、一眼レフと同じレンズを使って、レンズ交換ができます。望遠レンズで運動会の我が子をアップで撮ったり、マクロレンズで蝶やカブトムシを美しく接写できるのも魅力です。

 

50代初心者向け本格カメラとして最適

 

 

Senami Kandaさん(@senamikanda)が投稿した写真 -

 

カメラ趣味は本体と同じか、それ以上にレンズも奥が深いですから、いつまでも楽しみが尽きません。私生活に生まれた余暇は、ミラーレス一眼を構えてじっくり被写体と向き合ってお望みの一枚を追い求めるのも一興です。

 

軽量で取り回しが効き、レンズにもこだわりを発揮できるミラーレス一眼は、本格志向で無理なく長く続けたい50代向けに最適かもしれませんね。

 

この記事を見た方は、この特集も見ています

「ノンアクティブシニア」が考えていることは? アクティブシニアとパッシブシニアの境界で

  65歳を迎えて時間とお金に余裕の出来た世代の今後は、大きく3つに分かれます。旅行・スポーツ・資産運用など人生を豊かにすることに積極的なアクティブシニア、要介護状態のパッシブシニア、そしてそれらの間にある「ノンアクティ ...続きを読む

「きょうもキレイ・スペシャルトーク」第2弾『内と外からステキになろう』

    「いつも自分らしく」を応援する『きょうもキレイ・スペシャルトーク』    朝日新聞社は、「きょうもキレイ・スペシャルトーク」の第2弾「内と外からステキになろう」(協力:アトラ50・小田急電 ...続きを読む

年末の大掃除で片付けたい不用品の処分先。リサイクルショップや電子書籍化など。

  片付けを日々していないわけではありません。が、大きめの収納用品だったり、かつて大切にしていた捨てるに捨てられない小物類など、どうしても後回しになっていた不用品が溜まりがち。   積み重なったガラクタの数 ...続きを読む

日本で希少なティチーノワイン専門ショップが誕生! titoloが南スイスの限定ワインをお届け

  南スイスのティチーノ州はイタリア国境に隣接する、美しい山々と湖に囲まれた地中海性気候に属する温暖な地域。公用語はイタリア語で食生活もイタリアン。ヨーロッパ中からヴァカンスに訪れる人々が多いスイス有数のリゾート地で、北 ...続きを読む

団地コミュニティ

社会の課題でもある「空き家問題」  昭和30年代後半から大量供給し始めた「団地」もその一つである。 埼玉県狭山市にある新狭山ハイツは、築約40年と歴史がある団地であり住人の高齢化も進んでいるが、素晴らしいコミュニティ形成をしている団地で ...続きを読む

PAGE TOP