アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >  > 【ヘルス】食べ過ぎた日は

【ヘルス】食べ過ぎた日は

 

 

友達とのお食事、旅行での外食、ついつい「食べ過ぎてしまった」と後悔したことがある方、多いですよね?

そんなとき、次の日の食事を抜くことで調整したり、置き換えダイエットをしたりすると、もっと食べたい衝動に陥る危険があります。

食べ過ぎをリセットする方法があるといいですよね???

 

 

1:消化酵素を含む食べ物

飲食をしたあとは、胃腸が運動を始め、胃酸、消化酵素が働き消化が始まります。

しかし、この消化酵素は、年齢とともに減少していく傾向があります。食事で消化酵素をサポートしてくれる食べ物を摂ることで、太りにくい体作りをサポートをしてくれます。

 

それは、パイナップルやパパイヤ、キウイです!

 

 

2:ビタミンB1・B2・B6を含む食べ物

ビタミンB1、B2、B6の働きは。。。

(1)ビタミンB1(玄米・うなぎ・枝豆・豚肉)・・・糖質の代謝を高める

(2)ビタミンB2(納豆・牛乳・卵・レバー・アーモンド)・・・脂質の代謝を高める

(3)ビタミンB6(バナナ・まぐろ・かつお・さんま)・・・たんぱく質の代謝を高める

 

食べ過ぎだけでなく、甘いものや油っぽいものを食べたあとなど、普段から積極的に摂取することをオススメします!

 

 

3:湯船

湯船には、”温熱作用”によって体温が上がり、皮膚の毛細血管が広がって血流上がる。そして、新陳代謝が高まります。

 

38~40度のぬるめの湯船は、約100kcalも消費できると言われています。継続することで、代謝が上がりやすい体質に導かれます。

 

気をつけること!

満腹時の入浴は消化不良を起こす原因に。。。

しばらく時間をおいてから入浴するようにしましょう。

 

 

4:右側を下にして寝る

胃は、左から物が入り、右へカーブして腸につながっています。

そのため、右側を下にして寝ることで、食べものがスムーズに腸に運ばれていきます。

消化された物がスムーズに腸へ流れることで、活動を支えることができます。

 

 

これらなら、ツライ思いをすることなく取り入れられるのではないでしょうか?

食べ過ぎてしまった日、その翌2~3日は、上記の生活を意識することで痩せた体質になるかも!!

 

 

これらの方法に甘えず、普段の食生活から気をつけてください☆

 

 

 

 

毎日の笑顔が「健康と美容」をキープしてくれます。

今日のあなたのsmile-essence(笑顔の美容液)は何ですか??

 

毎日ビューティ!山田みき

 

 

あなたの気になる疑問お寄せ下さい!

投資、相続、住まい、法律、健康、ファッションなど、
専門家に質問したいことがありましたら、お気軽にお寄せください!

お寄せいただいた質問や、専門家の回答は、
あなたの個人情報を特定できない形で、Q&Aコラムとして掲載させて頂きます。
また、質問の内容によってはお答えできない場合がある事をご了承ください。

質問例

質問内容

おすすめ記事全ての記事を見る >>

PAGE TOP