アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  住み続けながら自宅を売却して現金化できる! リバースモーゲージは熟年夫婦に適した資産活用法

住み続けながら自宅を売却して現金化できる! リバースモーゲージは熟年夫婦に適した資産活用法

 

「その物件は、私が売ります」と決め台詞が印象的なドラマ「家売るオンナ」が先日、高視聴率で幕を閉じました。

リアリティに疑問は残りますが、空室率の高いビルや事故物件といった売れにくい建物を鮮やかなお手並みで売り抜けていく様は爽快でしたね。

 

私達も諸々の事情により現在住んでいる自宅を売却したい、できれば住み続けながら現金化できないだろうか? と都合の良い希望を叶えたい時があります。

 

少子高齢化で注目されるリバースモーゲージ制度

 

リバースモーゲージ(Reverse mortgage)はリバースモーゲッジとも呼ばれ、自宅を手放すことなく担保にして定期収入を得ることができる年金制度の一種です。

 

自宅を担保にして銀行などの金融機関から借金をし、その借金を毎月(或いは毎年)の年金という形で受け取る。資金の使い道は事業性の目的を除き、生活費、レジャー、家屋の修理など利用者の自由である。通常のモーゲッジ(=抵当・担保)ローンでは年月と共に借入残高が減っていくが、この制度では増えていくのでリバース(逆)モーゲッジと呼ばれる。最終的に自宅を手放す(可能性が高い)ことはその家を売却することに似ているが、契約の期間中はその家に住み続けられることが特徴である。

 

引用:wikipedia

 

アメリカ発祥の不動産活用手段であり、日本でも各地の地方銀行が先駆けて商品化。昨年からみずほ、三菱東京UFJ、三井住友の大手銀行でも取り扱いが始まっています。

 

今後さらに深刻化する少子高齢化社会にマッチしたサービスとして、古民家や空き家解消と高齢者資産の流動化を促進する効果が期待されています。

 

 

老後の生活資金を今から大量確保

 

このリバースモーゲージは、自分の死後に自宅が不要になる高齢者向けの生活支援金充足を前提としています。そのため利用するには対象年齢や資金使途、担保評価額など幾つかの条件があり、仔細は銀行によって異なります。

 

借入時年齢がおよそ60歳前後、数百万円以上の評価額を必要とし、一定額を毎月受け取るか利用枠内で自由に引き出せるかなどの違いがあります。通常の高齢者では借りにくい大金もリバースモーゲージなら可能なので、子供に自宅資産を残さない事情なら検討に値します。

 

まだ住宅ローンが残っていてもリバースモーゲージからの融資をローン返済に割り当てることも可能な場合があるため、飛ぶ鳥が跡を濁さない資産運用法といえるでしょう。

 

 

この記事を見た方は、この特集も見ています

いよいよ梅雨本番!雨の日マナーを大調査『梅雨は健康やメンタルにも悩みが多くなる!?』

6月に関東も梅雨入りを迎え、梅雨真っ盛りな時期となりました。今年は、全国的に気温は平年並かやや高く、蒸し暑い日が多くなりますが、曇りや雨の日が多く、梅雨らしいぐずついた天気となり、特に西日本の太平洋側を中心に降水量が多く、大雨に注意が必 ...続きを読む

山麓キャンプをもっと身近に。登山のベースキャンプに設営不要のトレーラーコテージも登場

  手つかずの森をかきわけて、高山植物や野生の生き物と触れ合いながら大自然に囲まれる登山。今、とても人気ですね。 でも、いきなり登山は・・・という方は、山を登るまではいかなくとも、その山麓でキャンプをするだけでもとても快適 ...続きを読む

シニアと呼ばれたくない? 調査データが裏付ける50~60世代の心理と行動

  60歳を過ぎても身体はピンピン。頭も心も認知症とは無縁な、いきいきアクティブ生活。だから「シニア」「シルバー」と呼ばれて違和感を感じても不思議ではありません。自分の中では現役であり、「ミドル」の気持ちのまま。自他とも ...続きを読む

この暑い季節、中高年の熱中症予防に適した涼しげな避暑地となる海外旅行先は?

  これからの暑い季節、涼しい避暑地を求めて日本中から北海道の避暑リゾート地に旅行客が訪れます。特に余暇や可処分所得にゆとりのある中高年が多いですね。そんな夏場の北海道も、最近ではラニーニャ現象の年にあたると本州のような ...続きを読む

2016年11月17日木曜日解禁のボジョレーワインに合うマリアージュはコレ! チーズ&トマトが相性最高

  いよいよ2016年のボジョレーヌーボー解禁まであと1ヶ月を切りましたね。今年の出来やキャッチコピーが気になり始めているかと思います。   ボジョレーワインは通常のワインと製法が異なり、葡萄を房のままタンクに ...続きを読む

PAGE TOP