アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >  > レセプションパーティーでの装いの心得

レセプションパーティーでの装いの心得

昨日オープニングパーティーを迎えた千葉館山の「マダムナカイのローズカファ(カフェ)」。

 

オーナーの中井ゆみえさんは、東京・千葉で長年お花に携わってきた「株式会社バラの学校」のアトラ世代の女社長さんです。

 

 

 

 

日々のスタイリングに長く携わらせて頂き、この度、カフェ用・ガーデン作業用・中井さんのプレス用ユニフォームを担当させて頂く事になりました。

 

 

<カフェの様子>

 

 

 

中井さんには、大事な土を傷めず歩きやすいパンプスと「どこにそんなパワフルさがあるのか」と思うくらい華奢なお体に合う、首周りの華奢さをカバーするスタイリングで、バラカラーを意識したスタイリング。

 

他のガーデンスタッフやカフェスタッフの方にもお陰様で「速乾性があって(どこにスタッフがいるか)目立つ、オシャレ」と好評♪

 

無農薬の食用バラのケーキやジャーサラダ、バラの入ったワインなど、目にも舌にも素晴らしいものに囲まれてのパーティー。

 

 

 

主催者のお心遣いがいたいほどわかる素敵なパーティーでした。

 

私も弊社サロンで隔月でパーティーを主催しているため、ゲストスタイリング(招かれる側のスタイリング)も楽しみにさせて頂いています。

 

 

 

ゲストスタイリングの心得

 時間帯・場所・相手を思いやるスタイリング

(今回の私の場合は、デニム素材で自然を意識・大事な花や土を傷めないローヒールで) 

 

 

 

オリジナルプレゼント持参

(今回はプリザーブドローズを樹脂コーティングしたペンダントトップをプレゼント)

 

 

 

 「主人公は誰か」を考えるスタイリング

(今回はローズカファの皆さんや他のゲストの方を引き立て、私はあくまで裏方なので主人公と被らない色みの洋服や、金髪もハットで目立たなくしてみました)

 

 

 「自分は誰であるか」はさりげなく主張するスタイリング

(中井さんが頼む信頼できるスタイリストである、という雰囲気を出せるスタイリング)

 

 

 

 

私の仕事が特殊なのでは?とお思いになるかもしれませんが、パーティーやご友人のお宅にお呼ばれする際にも同じことだと思います。

 

そんな風に考えるのは少し億劫かもしれませんが、お相手が好きな色を着たり、ハレの日を喜ぶ気持ちで「ちょっと派手」な洋服を着て「おめでとう!」と伝えられるならこんなにいい事はありませんよね?

 

 

是非一度、トライしてみてください♪

 

 

あなたの気になる疑問お寄せ下さい!

投資、相続、住まい、法律、健康、ファッションなど、
専門家に質問したいことがありましたら、お気軽にお寄せください!

お寄せいただいた質問や、専門家の回答は、
あなたの個人情報を特定できない形で、Q&Aコラムとして掲載させて頂きます。
また、質問の内容によってはお答えできない場合がある事をご了承ください。

質問例

質問内容

おすすめ記事全ての記事を見る >>

PAGE TOP