アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  福岡小倉で出会える本格江戸前寿司の「寿司竹本」。若きベテラン職人が握る旬の鮨を厳選ワインと共に

福岡小倉で出会える本格江戸前寿司の「寿司竹本」。若きベテラン職人が握る旬の鮨を厳選ワインと共に

 

食される一瞬のために、ひとつひとつ心を込めて

 

無添加の自然素材にこだわり、本格的な江戸前寿司を味わえる名店が福岡小倉にあります。ミシュランガイド福岡に掲載されたこともある一ツ星の保証付き。地元で採れた魚介類を中心に、全国から旬の食材を取り寄せて織り交ぜた「寿司 竹本」の想いをお届けします。

 

九州の地元素材を最大限に活かした江戸前寿司

 

 

本店で使用されるシャリは無農薬のあきたこまち。これを萩の山奥から湧いた清水で炊き上げ、米の甘みをしっかり引き出してネタとの相性を抜群に仕上げました。食感と甘みが絶妙なヤリイカ、山葵と共に引き立つコハダ、甘みと旨みたっぷりの雲丹などどんな寿司ネタの持ち味も引き出します。

 

お一人様も大所帯もしっとり落ち着ける店内空間

 

 

カウンター、半個室、個室をそれぞれ完備して大人数でのご来店いnも対応できる立派な店内。隣席との間は広く取られて配慮された距離が保たれているカウンターで、お一人でも寛いでお寿司を楽しめる配慮が行き届いています。

 

 

雰囲気は洗練された調度で老舗の寿司店を伺わせます。おもむろに舞妓さんが入店しても違和感なく溶け込む和の感性がお見事。

 

寿司屋にワインセラー。厳選されたフランス直輸入ワイン

 

 

本当に寿司屋かと見紛う充実の品揃え。フランス直輸入の厳選されたワインを店内に取り揃えています。ブルゴーニュ、シャンパーニュ、ボルドー古酒を中心に常時1200本のワインをストック。どんなリクエストにもご満足いただける寿司とワインのマリアージュをご提供します。

 

中学から寿司の世界に入った若きベテラン主人

 

 

1981年、福岡県生まれの店主竹本大輔さんは学生の頃から手先が器用で、中学生には寿司屋でアルバイトを始めています。卒業後、上京して銀座の銘店やホテルなどさまざまなお店を経験。2007年に帰郷し、「おいしい寿司を提供したい」との想いから寿司竹本を開業。現在はオーナー兼主人として早咲きの手腕を日々発揮しています。

  

 

北九州市・小倉を訪れた際には、是非一度足を運びたい名店。寿司竹本でしか味わえない江戸前寿司の真髄に触れてみてはいかがでしょう。

 

【店舗名】 寿司竹本

【住所】 〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野1-4-7

【TEL】 093-981-0140

【営業時間】12:00~14:00 / 18:00~22:00

【定休日】 毎週月曜日 ※ご予約制

【URL】  http://sakurasangyou1101.com/

 

この記事を見た方は、この特集も見ています

花粉症の対策を! 薬を使わない方法を3つ ご紹介。

  この季節、花粉症体質の人は辛いですよね。咳やクシャミ、目のかゆみ、鼻水が止まらないと仕事にも差し支えます。   市販されている鼻炎カプセル薬の効果は一定程度あることがわかっています。しかし眠気、高価、寛 ...続きを読む

【書籍紹介】死ねない老人

  高齢者たちは、なぜ「死にたい」のか?「死にたい」と言わせないために、私たちには何ができるのか?   日本は現在、世界のどの国よりも早く「人生90年、100年」という時代に突入しています。 しかし一方で、自身 ...続きを読む

年末年始は家族でスキー場へGO! 正月にゲレンデで雪遊び、予約不要で日帰り旅行

  まとまった休みが取れる数少ない機会の年末年始に、家族でスキー&スノボー旅行がオススメです。さっそく物置の中にあるスキー板・スノーボードを探しに行きましょう。   仕事納めから仕事始めまで日数は1週間前後 ...続きを読む

2015年はお歳暮にビールを贈ろう! ランキング形式でキリン・アサヒ・サッポロを比較

  本年度もお世話になった知人の皆様へ、お歳暮に何を贈ろうか悩みますよね。相手に喜ばれる贈答品に選ぶならコレ! といった定番商品がいくつかあります。2015年のお歳暮なら洗剤、高級ハム、インスタントコーヒーなどなど。そして忘 ...続きを読む

パーソナル次世代レンタル倉庫「minikura」が多機能低価格で目からウロコ

  「minikura(ミニクラ)」というウェブ上の倉庫サービスがあります。ウェブ上といっても実物を取り扱うので、存在しないバーチャルなデータではありません。倉庫の一部スペースを個人利用してレンタルできる貸倉庫サービスは ...続きを読む

PAGE TOP