アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  家庭菜園は「水耕栽培」が簡単お手軽! ペットボトルでも始められる土が要らない野菜作り

家庭菜園は「水耕栽培」が簡単お手軽! ペットボトルでも始められる土が要らない野菜作り

 

プランターに土を買ってきて肥料をまいて水を上げて…と手間がかかる印象から、家庭菜園を敬遠していませんか。もっとも、それでも畑で作る作業に比べたら随分と簡単なほうなのですが。

 

室内で土に虫が住みついたり、匂う堆肥が煩わしい方にオススメする植物育成方法が「水耕栽培」。難しい土の管理は要りません。

 

水耕栽培のメリットたくさん

 

 

由紀さん(@yuuuki_721)が投稿した写真 -

 

用意するのは適当な入れ物。ペットボトル、使ってないコップ、テイクアウトしたアイスコーヒーの空カップ、何でもOK。土を使わないので、園芸用の鉢やプランターは要りません。

 

そして育てたい種と、それを乗せる培地となるスポンジですね。ごく普通の台所用スポンジに切込みを入れて使えます。栄養分はハイポニカやハイポネックスといった液肥を使用。ホームセンターで購入できる一般的なタイプです。

 

 

まずは種から苗を育てましょう。スポンジに水を吸わせて乾かないようにし、切り込みに種を植えます。あとは20℃から30℃の適温にして放置。まだ液肥は入れません。

 

順調に発芽して下から根が伸びてきたら、スポンジの切れ込みで苗を横から挟み込むようにセッティングします。スポンジの上部に茎や葉、下側に根が出ているようにして。

 

コップの水に浮かべて水耕栽培

 

 

ペットボトルなどの器に液肥の準備をします。種類にもよりますが、300倍から500倍程度に希釈して投入しましょう。苗を挟んだ植物を水面に浮かべて、日当たりの良い窓際に置いたら、ほぼ作業は完了。

 

土壌栽培より生育が早い水耕栽培では植物もどんどん養分を吸って減っていきますので、水と液肥を適宜継ぎ足していきます。本格的な人になると、アクアリウム等のポンプ水槽を流用して水耕栽培キットを自作したりといった楽しみ方も。

 

あとは生育に合わせて入れ物を大きくしていったり、液肥の濃度を調節します。水耕栽培は病気に強く、害虫予防の農薬が不要なのもメリットですね。

 

アボカドの種も水につけるだけで簡単に発芽

  

 

@poko405が投稿した写真 -

 

食べ終わって残ったアボカドの種が観葉植物になるのは、よく知られています。種に爪楊枝を刺してコップに乗せ、お尻の方を水に浸すだけという簡単栽培。3ヶ月ほどで発芽します。

 

ゆくゆくは高さ1メートル以上の観葉植物になるほか、暖かい地方なら庭に植えて10年もすれば立派な大木に運が良ければ再びアボカドを結実させるかも?

 

この記事を見た方は、この特集も見ています

【街とファッションに関する意識調査】「住みたい街」第1位は「自由が丘」!大人女性は交通の便よりも街の雰囲気重視!?

  皆さまは、”住みたい街”、”憧れの街”はありますか?年齢、経験を重ねる中で、それぞれに求めるものが変わってくるのではないでしょうか。  この度、婦人服の製造販売 ...続きを読む

リッチな気分に浸れるシャワージェルとは? 自宅で手軽に優雅な泡風呂を

  暑く薄着になり肌の露出も増えてくるこれからの季節、お肌をコンディションを高めつつ良い香りに包みたいですよね。いつものようにシャワーで汗を流すのも結構ですが、少し前から話題の入浴グッズ「シャワージェル」を試すチャンス。 ...続きを読む

65歳以上はオトナを超えた存在! 「超オトナ写真館」の素人シニアファッションモデルがスゴイ

画像:下関大丸   私たちは、子供を経て大人になります。このたび、その大人を超えた存在が下関に生まれました。   御年65歳未満はタダの大人。65歳以上の男女はオトナを超越した「超オトナ」となります。もう ...続きを読む

いよいよ梅雨本番!雨の日マナーを大調査『梅雨は健康やメンタルにも悩みが多くなる!?』

6月に関東も梅雨入りを迎え、梅雨真っ盛りな時期となりました。今年は、全国的に気温は平年並かやや高く、蒸し暑い日が多くなりますが、曇りや雨の日が多く、梅雨らしいぐずついた天気となり、特に西日本の太平洋側を中心に降水量が多く、大雨に注意が必 ...続きを読む

早くも紅葉の気配が到来? 2016年の乗鞍・立山・白馬など飛騨で見頃な紅葉スポット

  まだまだ台風の脅威が消えず残暑も続いていますが、日本の高原や山地では早くも紅葉の気配が到来しました。   乗鞍岳の紅葉     乗鞍岳では9月の中旬頃から紅葉が始まります。山頂 ...続きを読む

PAGE TOP