アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  女性に人気の「インテリア資格」紹介 リビング雑貨に興味ある方向け! コーディネーターやプランナーなど

女性に人気の「インテリア資格」紹介 リビング雑貨に興味ある方向け! コーディネーターやプランナーなど

 

住環境を彩るインテリアに関係した資格が身近になってきました。仕事に直結する高度なインテリア資格も人気です。年代を問わず知識や技術を発揮できる職種といえますね。

 

特に女性で40代50代ともなってくると、自分なりにインテリアの好みがハッキリしてきます。誰しも浅からぬ一家言のこだわりを持っているもの。

 

フェイスブックやブログを通じて自宅内装や部屋のオシャレ写真をアップしている方もおられるのでは。そんなインテリアへ向けたデザインセンスを活かせる資格を取得してみましょう。

 

インテリアコーディネーター

 

 

インテリアコーディネーターの仕事場所は多岐に渡ります。カーテン、壁紙、照明を扱う家具メーカー、住宅メーカーのショールームで来客者へのコーディネート業務が代表的。工務店や内装施工業者でインテリアを担当したり、独立して活動しているICの人もおられます。

 

インテリアに関する幅広い知識と専門技術を身に付けて「どのような暮らしを希望するか」をお客様にヒアリング。「こんな雰囲気の部屋に住みたい」のような抽象的な要望を具体的なインテリアプランに落とし込んで、お客様のイメージを実現します。

 

資格試験は年1回。マークシートの一次試験と論文及び製図による二次試験で、受験資格は不問となっています。

 

 

インテリアプランナー

 

 

建築物に要求されるインテリアを企画、設計、工事監理する人に必要なインテリアプランナー。この資格は厳正な試験に合格し、その上でインテリアプランナーとしての登録が必要です。

 

資格受験にあたり、最初の学科試験は基本不問ですが試験合格のためには建築や内装の実務経験がほぼ必須となっています。その後さらに専門的な設計製図試験合格を経て、インテリアプランナーに登録を申請し審査されるという過程を踏みます。

 

実務的で即戦力になる専門的な建築設計スキルが求められるインテリアのスペシャリスト資格といえるでしょう。

 

 

インテリアデザイナー

 

 

一般的にインテリアデザイナーと呼ばれる仕事をしている人は数多いですが、「インテリアデザイナー」という名前の資格は特にありません。その気になれば、今日から誰でもインテリアデザイナーを名乗ることができるわけです。

 

しかし何のスキルも持たずに家、オフィス、ショップ、ホテルなどの高度なインテリアを必要とする現場で業務をこなして信頼を得ることはできないでしょう。上記のコーディネーターやプランナーといったインテリア資格を取得した上で仕事現場に入り実務経験を積み、プロのインテリアデザイナーを目指しましょう。

 

 

この記事を見た方は、この特集も見ています

2016年カレンダー祝日と休日 GWやシルバーウィークは?

  2015年もあとわずかになりました。仕事納めを済ませた方は、早くも心が来年に向いていることでしょう。これから束の間のお正月休みに入ります。ご休息や宴会にプライベートな過ごし方を楽しめますが、大晦日も元旦も仕事仕事、という ...続きを読む

50代と60代の違いとは? 体力、経済力、退職前後で変わる傾向と対策

  年を経ると身体にガタが来る。50歳を過ぎると、つくづく実感します。日に日に鈍っていく身体は、まるで経済的な豊かさと反比例するかのよう。はたして60代に定年を迎えるまで身体は動いてくれるのでしょうか。一抹の不安がよぎり ...続きを読む

50歳以上限定の交流会情報【11月5日『恵比寿食事会』『四谷食事会』】

  50歳以上向けの交流会を開催している50's倶楽部では、企画をするイベントを通じて、新たな「出合い」「楽しみ」「生きがい」のきっかけ作りを目指しています。   1.「出合い」   ・・・今までには ...続きを読む

写真教室でカメラ撮影の腕を磨く! 変なクセが付かず基本から確実に上達するカメラセミナー

  50代から始められる方も多いカメラ。興味はあってもカメラの実機を買うまでに至らないことってありますよね。また、いざ写真を撮り始めたものの飽きて三日坊主になり続かなかったなんてことも。   シャッターボタ ...続きを読む

除雪にオススメの7つ道具 50代以上が楽に雪かきするコツ!

  降雪地帯で一戸建てにお住まいの方には、毎年お馴染みの雪かき。これがまた大変なんです。50代、60代にもなると尚更。豪雪地域では除雪が毎日必要な天候に見舞われることも多々あります。   道路の雪はブルドーザー ...続きを読む

PAGE TOP