アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  ホワイトデーのお返しで女性に何を贈るべき? お花やお茶など

ホワイトデーのお返しで女性に何を贈るべき? お花やお茶など

 

バレンタインにチョコをプレゼントされた男性諸氏。今度はホワイトデーに何をお返しするか頭を悩ませる番ですね。

義理チョコか本命チョコかにもよりますが、どちらでも通用するホワイトデーのお返しギフトを紹介します。

 

お茶のお返し

 

高級紅茶や緑茶など、渋めのプレゼントは無難でありつつ好印象です。紅茶ならイギリス王室御用達のフォートナム・アンド・メイソンや7ツ星ホテルでも使用されるロンネフェルトがオススメ。

 

和茶、緑茶で喜ばれるのは、日頃のお茶の間でお目にかかれない上級日本茶葉。色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす、とあるようにお茶の生産地、生産農家にこだわってみましょう。

 

参考になるのは毎年行われている全国茶品評会。玉露なら福岡の八女茶を始め、煎茶では南九州の知覧茶、静岡の袋井茶、浜松の天竜茶、かぶせ茶でおなじみ京都府の舞鶴茶など、日本では各地で最高品質のお茶が味わえます。

 

お花のお返し

 

お花は誕生日、クリスマスなど各種記念日に贈呈するマストアイテム。花屋さんでインパクトのある花束を包んでもらったり、小ぶりで可愛らしいブーケをさりげなくプレゼントしたり。アレンジメントフラワーでオシャレなホワイトデーを演出してお返ししましょう。

 

幾つになってもどんな時でも、花は人を喜ばせます。ホワイトデーではスイーツや小物に花束を添えることで感謝と好意の気持ちを何倍にも高めることができるでしょう。

 

お菓子のお返し

 

「チョコレートは糖分が・・・」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

健康に良いハチミツ、京都老舗の和菓子、コラーゲン、食物繊維入りで低カロリーのフルーツゼリーなど、お体を労っている気持ちが伝わるヘルシーなスイーツで気配り上手をアピールしてみてはいかがですか?カッコつけないのが格好良いんです。

 

小物のお返し

 

他人へのプレゼントは消耗品や飲食物など「消え物」がベター、と考えられてきました。バレンタインデー、そして対をなすホワイトデーを通じて他人以上の関係をお望みなら、あえて消え物ではなく数年後まで身近に残る小物をチョイス。

 

ハンカチ、スカーフは何枚あっても困りません。流行の色や素材を使った布製品にセンスの良さを光らせましょう。入浴剤は消えてなくなる消耗品ですが、ウォッシュタオルやソープケースなどがセットになったバスグッズにすると気持ちの良いお風呂の時間も一緒にプレゼントすることができます。

 

 

 

プレゼントする内容の選び方次第で、ホワイトデーに50代60代女性の心をいつも以上に楽しませることが出来ます。無難から一歩はみ出した意外性で、今年のホワイトデーを特別なものにしたいですね。

 

この記事を見た方は、この特集も見ています

【締切間近】『11月3日開催きょうもキレイ・スペシャルトークvol.1』「60過ぎてキレイ」には理由がある

  朝日新聞社が主催する「美肌」と「オンナの人生」をテーマにしたイベント「きょうもキレイ・スペシャルトーク」(協力:アトラ50・小田急電鉄)がいよいよ11月3日に開催されます。 お申込み締切は11月2日となっております ...続きを読む

クールな50代はお好きですか? 心は永遠に20代! 若々しいクール趣味

  加齢ジワが増え、肌のハリがなくなり、頭の回転が遅くなったと実感する年齢になってもなお、若々しく輝いている人がいます。それも20代の若い人の中に混じって。若い人がやってクールな趣味を、人間的な魅力が深まったミドルエイジ ...続きを読む

数滴で本格フレンチ化! 高級「トリュフオイル」で料理をゴージャスに大変身

画像: www.order-cheese.com   世界三大珍味の一つ「トリュフ」。高級フレンチでしかお目にかかれないレアな食材ですが、「トリュフオイル」なら誰でもお手軽にトリュフの風味を楽しめます。 &nb ...続きを読む

スーパーフードで身体の内側から健康に。ダイエットに効果的なキヌアやチアシードの秘密とは?

  格段に優れた栄養バランスを備えた食べ物を最近ではスーパーフードと呼びます。古くは1980年代頃、アメリカやカナダの食事療法専門家の間で有効成分を多く含む食品に対して使われました。   老化を防ぎ生活習慣病の ...続きを読む

写真教室でカメラ撮影の腕を磨く! 変なクセが付かず基本から確実に上達するカメラセミナー

  50代から始められる方も多いカメラ。興味はあってもカメラの実機を買うまでに至らないことってありますよね。また、いざ写真を撮り始めたものの飽きて三日坊主になり続かなかったなんてことも。   シャッターボタ ...続きを読む

PAGE TOP