アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  節分で「鬼は内、福は外」と掛け声! 「鬼は外、福は内」の逆な豆まきがある

節分で「鬼は内、福は外」と掛け声! 「鬼は外、福は内」の逆な豆まきがある

 

今は立春の前の日にやってくる節分。夜やってくる鬼のコスプレをした人に豆を投げつけて災いを追い払う年中行事です。

 

この広い日本、実は「鬼は外、福は内」だけが節分のセリフじゃないってご存知でした? 様々な節分をご紹介します。

 

節分の掛け声の基本は「鬼は外、福は内」

 

おにはーそとー、ふくはーうちー、の口上とともに炒った大豆の福豆を家の内外に撒く豆まきは冬の風物詩。テレビでも芸能人が奇抜な格好で豆まきする番組を放送しています。

 

投げる豆は炒った大豆を使うことになっていますが、掃除や入手のしやすさから殻付き落花生が使われることも多いようです。子供が喜んで拾うからと、個包装のキャンディーやチョコレートも一緒に撒かせるお母さんもいますね。

 

家庭内で鬼役はお父さんの仕事です。赤鬼のお面をつけて適当に新聞紙を丸めて金棒もどきにしたものを家庭内で振り回します。子供やお母さんに当ってしまうとDVになりますので気を付けましょう。

 

容赦なく投げ浴びせられる福豆に痛がる素振りを見せながら、それとなく徐々に玄関へ向かって後ずさります。鬼の最後は家の外に出てお面を外して新聞紙を畳めば任務完了。お父さんは何食わぬ顔でご帰宅ください。

 

この時にみんなで元気に叫ぶ掛け声が「鬼は外、福は内」。豆を撒く方向はそれぞれ変えます。イベントが終わったら厄除けのために自分の年齡より1多い数の豆を食べましょう。

 

鬼が地名や神聖なら「鬼は内、福は外」

 

たとえば京都の大原神社では全国的にも珍しい「鬼は内、福は外」の掛け声で豆をまきます。厄の鬼を神社に迎えるかわりに福を各家庭へ送るという意味が込められています。戦国時代に近隣で活躍した水軍の九鬼氏に鬼の字が含まれていることから、これを追い出す意味合いを避けたという説もあります。

 

「鬼塚」「鬼頭」など苗字や地名に鬼の漢字が入っている地方でも鬼は内を使ったりするとか。「丹羽(にわ)」の場合も「おにわ外」にならないよう「鬼、外」と掛け声を若干変えます。

 

埼玉の鬼鎮神社などは「福は内、鬼は内、悪魔外」と声に出します。鬼が奉納されており、鬼と魔は別物であることが分かりますね。

 

福を呼ぶ豆が福豆であるように、鬼は内のときは福鬼といってどうぞこちらへと家に招き入れます。福が外に出ても近くの家へ入っていくわけですから、地域全体で幸せになれるわけですね。

 

また、鬼について一切触れず、ただ「福は内」とだけ叫ぶ名古屋の大須観音もあります。由緒ある鬼の面を寺宝としていることから「鬼は外」は禁句、ノーコメントでお願いします。

 

このように鬼を祀っていたり神聖な対象としている場所の節分が「鬼は内、福は外」のようになる理由も納得できます。

この記事を見た方は、この特集も見ています

リッチな気分に浸れるシャワージェルとは? 自宅で手軽に優雅な泡風呂を

  暑く薄着になり肌の露出も増えてくるこれからの季節、お肌をコンディションを高めつつ良い香りに包みたいですよね。いつものようにシャワーで汗を流すのも結構ですが、少し前から話題の入浴グッズ「シャワージェル」を試すチャンス。 ...続きを読む

2016年の年賀ハガキはこれ! 今年の郵便局お年玉つき年賀葉書を紹介

  お年玉付き年賀はがきといえば、表の下部にお年玉賞品くじの番号が楽しみですよね。毎年たくさんの年賀状を送り合っている方なら、2016年の年賀はがきで当たるお年玉賞品をワクワクして待っておられるのではないでしょうか。 &n ...続きを読む

夫婦愛の深さに感動するCM動画

86歳にもなるチウおじいさんは、毎朝、スープの入った水筒と楽器を持って、家から20キロ以上の道のりを歩き、ある場所に向かう生活を30年も続けています。    おじいさんが毎日、山道を歩いて向かう先は、死別した ...続きを読む

50歳から始めるアクティブスポーツ施設利用のすすめ

  近年の健康ブームにより、体を動かす人が全年齢的に増えています。健康維持や強化のためにもアクティブスポーツを始めるのに便利な施設をご紹介します。      スポーツジム、フィットネス ...続きを読む

高級ヒーター購入で寒くなった懐もポカポカに! 静音高級家電オイルヒーターのメリットとデメリット

  石油ファンヒーターで乾いた空気を送ると喉を痛めがち。空気を汚さない電気ストーブや石油ストーブのような輻射式暖房は、部屋全体を暖めるのにあまり適していません。   寒い冬の室内をどう暖めて過ごすか、毎年の ...続きを読む

PAGE TOP