アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  オススメな年末年始の旅行先スポット 国内の温泉や芸能人風に海外も

オススメな年末年始の旅行先スポット 国内の温泉や芸能人風に海外も

 

年末年始を旅行で過ごす人が増えています。芸能人が正月にハワイ旅行したニュースが毎年流れてますね。旅行会社も年末年始のパッケージツアーに力を入れています。

 

正月こそ自宅、というこれまでの習慣もわるくありませんが、一度は新年を旅行先で迎えるのも新鮮な気持ちが体験できそうですね。

 

国内旅行は温泉宿がオススメ

 

山形にある銀山温泉は街全体が大正ロマン溢れる大舞台のよう。よくタイムスリップしたみたいと例えられがちですが、この古風な情緒あふれる銀山温泉は多くの人に高い満足度を与えています。

 

有名なアニメ映画「千と千尋の神隠し」でモデルの一つになったらしく、連続テレビ小説「おしん」の舞台にもなった山形県尾花沢市の温泉宿エリア。早めの予約が必要かもしれませんが、夫婦で、ご家族でどうぞ。年末年始を豊かに過ごすのに温泉旅行は最高の雰囲気を味わえます。きっと元旦には雪化粧に彩られたノスタルジーを味わえるでしょう。

 

また、日本で最古の木造建築による湯宿がある群馬の四万温泉、日本三古湯のひとつである道後温泉も古く由緒と効能ある温泉です。年末年始に一年の疲れを癒しつつ日本の文化を味わえる国内旅行を楽しみましょう。

 

海外旅行は暖かい南の方へ

 

正月の海外旅行といえばハワイ! とすぐ思い浮かぶほど、日本人にとって年末年始とハワイ旅行はセットでお馴染みです。それにしても、どうして芸能人は仕事で忙しいはずの元旦前後に海外旅行へ行きたがるんでしょうね。

 

わたしたち一般人は芸能人でもなく、正月3が日に仕事がお休みなので誰の目も気にせず思い立ったが吉日、いや元日とばかりに海外旅行できます。

 

じゃあ具体的にどこへ行こう? となると今は寒い冬。もっと寒いアラスカやシベリアに行きたがる好事家ならともかく、できるだけ暖かい気候の国へ飛行機でフライトして年末年始の海外旅行は心身ともにポカポカになりたいですよね。

 

ハワイとグアムの違い

 

ミーハーですが芸能人と同じハワイはどうでしょう。日本から飛行機で東へおよそ7時間。時差は約マイナス18時間半。日本が深夜0時のとき、ハワイは朝方の5時くらいです。

 

1月のホノルルは日本より全然暖かいですが、最低気温は20度を下回るため夜はアロハシャツではなく長袖が必要です。ちょうど雨期であり頻繁にスコールが降る天気と考えておきましょう。日中は若干寒い時もありますが海やプールでバシャバシャ遊ぶことができます。

 

一方ハワイと比較するとグアムは南に3時間半ほどのフライトとなります。北から南への移動なので時差は約1時間で殆どありません。近いし時差ボケを気にしなくて良いので、ハワイより気軽に旅行しやすいですね。

 

乾季に入った1月のグアムなら一日中暖かく過ごしやすいリゾート観光地です。雪一色の日本から一転、水着で綺麗な青い海にダイブできるグアムは年末年始を過ごす南の国に最適です。

この記事を見た方は、この特集も見ています

恐ろしい台風、でも実は恩恵を受けることも?

  発生が遅かった台風1号、その後は台風がスピード発生、Uターン台風10号など、今年の台風シーズンは異例ずくめですが、今回、日本気象協会の気象予報士 吉田直人さんが解説した今年の台風傾向と、今後の予測についてご紹介します。 ...続きを読む

100%感動確実! 食べられる花束「フルーツブーケ」が全国通販開始 見た目も味もゴージャス

  祝い事に贈答する花束に代わるセレブな演出として、フルーツで作られた「食べられる花束」が登場しました。ぱっと見た目は花でできているブーケのような「フルーツブーケ」が驚きとともに喜ばれるプレゼントとして話題です。 &nbs ...続きを読む

年賀状の素材を無料で使って2016年を迎えましょう

  年末年始が差し迫ってまいりました。年賀状の準備はお済みでしょうか。毎年送っている親戚や友人に、今年知り合った人へ年末の挨拶にと、年賀状の習慣は未だに根付いていますね。   2016年の年賀状作成にあたって便 ...続きを読む

『書籍紹介』住宅ローンが払えなくなったら読む本

  リストラ、離婚、介護……思わぬ事態で住宅ローンが返済できなくなったら?わかりづらい任意売却の仕組みとより高く売るための秘訣を専門家が指南   夢のマイホームを購入する際、多く ...続きを読む

息子を愛する父が欲しかった時間

これは一人息子をもつ父の物語です。 嫁は亡くなり、男手一つで息子を育ててきました。 男親だからか、父親は厳しく息子を育てました。 「諦めるな 男の子だろ!」 決して口には出しませんでしたが、もちろん、思っていました。 ...続きを読む

PAGE TOP