アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  オススメな年末年始の旅行先スポット 国内の温泉や芸能人風に海外も

オススメな年末年始の旅行先スポット 国内の温泉や芸能人風に海外も

 

年末年始を旅行で過ごす人が増えています。芸能人が正月にハワイ旅行したニュースが毎年流れてますね。旅行会社も年末年始のパッケージツアーに力を入れています。

 

正月こそ自宅、というこれまでの習慣もわるくありませんが、一度は新年を旅行先で迎えるのも新鮮な気持ちが体験できそうですね。

 

国内旅行は温泉宿がオススメ

 

山形にある銀山温泉は街全体が大正ロマン溢れる大舞台のよう。よくタイムスリップしたみたいと例えられがちですが、この古風な情緒あふれる銀山温泉は多くの人に高い満足度を与えています。

 

有名なアニメ映画「千と千尋の神隠し」でモデルの一つになったらしく、連続テレビ小説「おしん」の舞台にもなった山形県尾花沢市の温泉宿エリア。早めの予約が必要かもしれませんが、夫婦で、ご家族でどうぞ。年末年始を豊かに過ごすのに温泉旅行は最高の雰囲気を味わえます。きっと元旦には雪化粧に彩られたノスタルジーを味わえるでしょう。

 

また、日本で最古の木造建築による湯宿がある群馬の四万温泉、日本三古湯のひとつである道後温泉も古く由緒と効能ある温泉です。年末年始に一年の疲れを癒しつつ日本の文化を味わえる国内旅行を楽しみましょう。

 

海外旅行は暖かい南の方へ

 

正月の海外旅行といえばハワイ! とすぐ思い浮かぶほど、日本人にとって年末年始とハワイ旅行はセットでお馴染みです。それにしても、どうして芸能人は仕事で忙しいはずの元旦前後に海外旅行へ行きたがるんでしょうね。

 

わたしたち一般人は芸能人でもなく、正月3が日に仕事がお休みなので誰の目も気にせず思い立ったが吉日、いや元日とばかりに海外旅行できます。

 

じゃあ具体的にどこへ行こう? となると今は寒い冬。もっと寒いアラスカやシベリアに行きたがる好事家ならともかく、できるだけ暖かい気候の国へ飛行機でフライトして年末年始の海外旅行は心身ともにポカポカになりたいですよね。

 

ハワイとグアムの違い

 

ミーハーですが芸能人と同じハワイはどうでしょう。日本から飛行機で東へおよそ7時間。時差は約マイナス18時間半。日本が深夜0時のとき、ハワイは朝方の5時くらいです。

 

1月のホノルルは日本より全然暖かいですが、最低気温は20度を下回るため夜はアロハシャツではなく長袖が必要です。ちょうど雨期であり頻繁にスコールが降る天気と考えておきましょう。日中は若干寒い時もありますが海やプールでバシャバシャ遊ぶことができます。

 

一方ハワイと比較するとグアムは南に3時間半ほどのフライトとなります。北から南への移動なので時差は約1時間で殆どありません。近いし時差ボケを気にしなくて良いので、ハワイより気軽に旅行しやすいですね。

 

乾季に入った1月のグアムなら一日中暖かく過ごしやすいリゾート観光地です。雪一色の日本から一転、水着で綺麗な青い海にダイブできるグアムは年末年始を過ごす南の国に最適です。

この記事を見た方は、この特集も見ています

最愛の母親を亡くした娘と父親の物語

大切な人が亡くなった時の悲しみはたとえようもないほど大きい。 誰よりも近しい存在の母親を亡くした娘の悲痛な気持ちと、その父親の”娘を思う気持ち”を表した物語をご紹介します。(動画あり)   最愛の ...続きを読む

花粉症の対策を! 薬を使わない方法を3つ ご紹介。

  この季節、花粉症体質の人は辛いですよね。咳やクシャミ、目のかゆみ、鼻水が止まらないと仕事にも差し支えます。   市販されている鼻炎カプセル薬の効果は一定程度あることがわかっています。しかし眠気、高価、寛 ...続きを読む

冬の車内に常備しておきたい雪道対策グッズ! 困った時に持ってて良かった緊急脱出アイテム

  冬の雪道では夏場に想像もつかないような不測のトラブルが発生します。専用の除雪用具がなければにっちもさっちもいかなくなるような重要アイテムの出番も。あらかじめ車内に常備しておいて、立ち往生する事態を回避しましょう。 &n ...続きを読む

イタリア・シチリア島発祥の新食感スイーツ、ブリオッュ・コン・ジェラート専門店(ブリジェラ)

昨年5月の日本上陸以降、行列が出来るスイーツ店で話題の『Brigela(ブリジェラ)』 オープン初日に最長3時間10分待ちを記録した1号店の清澄白河店、2号店のお台場店、3号店のラフォーレ原宿店に続き、5月3日に「ブリジェラ大宮店 ...続きを読む

レトロ好きを虜にするヴィンテージカー・旧車の魅力。

  50歳を過ぎても60になっても、むしろ年を経るほどにレトロを好きになる人がいます。ヴィンテージとしての希少かつ高額な価値、そしてやはり時代を感じさせる個性的なデザインと機能がレトロ好きを虜にします。中でもクラシックカ ...続きを読む

PAGE TOP