アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  50代から叶えたい希望全部入り自分だけのオーダーメイド旅行

50代から叶えたい希望全部入り自分だけのオーダーメイド旅行

 

50代~60代でアクティブな人生を送りたい皆様が大好きな旅行。一生の想い出に残る、最高のオリジナル旅行を。家計と時間にゆとりが出来つつある今だからこそ叶えられる、自分達だけの特別なオーダーメイド旅行があります。

 

駅などに並べられたパンフレットでお馴染みのパッケージ旅行の利点・欠点と比較していくことで、オーダーメイドの旅にしか実現できない点が多々あることに気付いてきます。

 

パッケージツアーの万人向けなメリット

 

あらかじめ旅行会社が内容を決め打ちした団体旅行は、基本的に有名な観光地と料理を効率よく巡ることを目的としています。駅や旅行案内カウンターで並べられているパッケージツアーのほとんどはこれ。完全おまかせプランなら宿泊施設、移動手段、観光名所、1日3食の食事内容まで事前に用意されています。旗を持ったガイドさんに何も考えず付いて行くだけでOKなので、楽といえば楽ですね。

 

航空券とホテルだけを手配したスケルトンパックもあります。空港からホテルまでの案内だけを現地ガイトスタッフが行うこともあります。観光地へのガイドを頼みたい時は、内容が決まっている有償のオプショナルツアーを利用することになります。そしてそれ以外の時間は終日自由という形。

 

パッケージツアーの良い点は割安に加えて良くも悪くも万人受けする内容であることです。この国に来たらここを観光して、これを食べる、そんな有名ポイントだけを押さえてあります。余程のトラブルに見舞われない限りは誰にとっても楽しめる旅行が約束されているため、安心感があります。

 

団体旅行であるがゆえに避けられないデメリット

 

反面、前もってテレビや写真などで見聞きしたことのある観光スポットばかりなのが難点。全てが決まっているため予想しやすく意外性が薄れてしまい、旅の醍醐味の一つである驚きは期待できません。

 

団体旅行では見ず知らずの他人と旅行の間ずっと時間と場所を共にします。ホテルもバスも一緒ですし、旅行先のレストランでは相席になることも普通。そこに出会いがあるといえばありますが、お互い親密になることを望んでいるとは限りません。数日限りの関係とはいえ、他人に対する距離感への気遣いが必要です。自分たちだけの旅行にとって、本来このような配慮は要らないもの。

 

さらに飛行機へ搭乗するための集合時間やホテルチェックアウトの時間、各観光地での滞在時間も分刻みで管理されます。自分だけと思って勝手な行動は、同じツアーに参加している他の観光客のご迷惑に。時間の拘束が費用以上にデメリットに感じられると、せっかく初めて訪れた楽しい街なのに窮屈な印象を受けてしまいます。

 

格安航空券・格安ホテルの利用や多人数開催などによって低価格化を実現しているがゆえの不便な点。そこでパッケージツアーの持つメリットはそのままに、不満な点だけを解決した良いとこ取りの選択肢がオーダーメイド旅行となります。                        

この記事を見た方は、この特集も見ています

ホワイトデーのお返しで女性に何を贈るべき? お花やお茶など

  バレンタインにチョコをプレゼントされた男性諸氏。今度はホワイトデーに何をお返しするか頭を悩ませる番ですね。 義理チョコか本命チョコかにもよりますが、どちらでも通用するホワイトデーのお返しギフトを紹介します。 &nbs ...続きを読む

普通の人は泊まれない特殊なホテル!? ペット、データ、故人向けホテルの紹介

  家事が要らない寛ぎ空間、至れり尽くせりなサービスが魅力のホテル滞在。旅行や出張でお世話になり、また訪れたいと思わせる快適な利便性が魅力です。   実は、旅行者以外にも利用されるちょっと変わったホテルが色々あ ...続きを読む

【銀座のクラブ街に究極のおもてなしがあった】お箸でいただく創作フレンチと日本酒のペアリングが楽しめる「GINZA NARASHIBA」

皆さんは、食事をするお店を選ぶ時にどのような点を重視されますでしょうか。 アクセス、メニュー等々人によって、その状況によって様々かと思いますが、サービスを提供する側の心のこもった「おもてなし」は共通する所ではないでしょうか。 &nb ...続きを読む

撮影会に出かけてみよう! モデル撮影や遠征風景撮影でカメラ技術に磨きをかける

  一般人の知り合いに撮影モデルを頼むのは、やや気が引けますね。プロのモデルに写真の撮影を頼むと聞くと敷居が高く感じられるかもしれません。   駆け出しの趣味カメラマンでも、ポージングをビシッと決めた容姿端 ...続きを読む

シニアと呼ばれたくない? 調査データが裏付ける50~60世代の心理と行動

  60歳を過ぎても身体はピンピン。頭も心も認知症とは無縁な、いきいきアクティブ生活。だから「シニア」「シルバー」と呼ばれて違和感を感じても不思議ではありません。自分の中では現役であり、「ミドル」の気持ちのまま。自他とも ...続きを読む

PAGE TOP