アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  一生付き合える最高の椅子に望む3つの条件と創り方

一生付き合える最高の椅子に望む3つの条件と創り方

 

晩年まで愛用する椅子には、理由があります。お洒落、高機能、高級感など人によって欲しい椅子は様々。身の回りに豊かさを求める人なら、日々使うモノほどこだわりたくなるでしょう。

 

シンプルライフやセレブリティに左右されず、椅子は万人が共通して生涯使い続ける家具の一つ。だからこそ追い求めたい、単なる家具以上に価値のある椅子を手に入れる上で押さえておきたいポイントがあります。

 

膝、腰、首へ最大限のケア

 

一人ひとり異なるフィット感に合わせた最適な椅子を。

 

年齢を重ねるほど、座っている時間は長くなりがち。特に腰。体力労働でもオフィスワークでも、一定の年齢を経て知らず知らずのうちに腰へ蓄積された荷重は少しづつ関節周辺を圧迫していき、それが突然決壊したある日、体に合っていなかった椅子の形が原因だったことに気付くのです。

 

人間工学に基づいた多機能デスクチェアに絞り込んで探せば、比較的簡単に身体に良い椅子が見つかります。値段は多少張っても腰椎や肘肩へのダメージが軽減されて作業の能率が上がるのなら安いものですよね。

 

良いメーカーになると数年の無償保証が標準で備わっています。機能美、という価値もあるように、一見無機質な椅子を仕事用と割り切って壊れるまで使っていたら数十年座り続けていた、そんな椅子もまた一生モノと呼べるかもしれません。

 

家とインテリアに溶け込んだ調和性

 

周りに溶け込んで優れたデザインが成り立つ。

 

オフィスチェアが畳和室にそぐわないように、単体で如何に卓越したデザインであっても周囲との調和が取れていなければチグハグな違和感を与え、それは座る人の居心地の悪さへと伝わります。先ほどの例えは極端な例で、実際の日本における住環境は画一的ではなく和洋入り混ざったイメージを有しています。

 

それに加えて住む人の趣向があり、家具製品が主張する独立したコンセプトがあり、年月による風化が醸し出す変化し続けるテイストが一つ屋根の下に集まっています。

 

何年、何十年も同じ人に座り続けられた良質な椅子は、その周りにある机や本棚、カーテン、照明と共に、あたかもそこにあって当然のような雰囲気の中に存在しているものです。より座りやすくするには床に何を敷いたら良いか。椅子の肘掛けが傷まないように机の一部分をDIYしてみようか。

 

持ち主が様々に試行錯誤しながら使い続けた結果、高級感が失われたりオシャレなデザインではなくなるかもしれません。それでも座る本人にとって満足感を伴ってしっくり来るなら、その椅子こそが追い求めていたベストの形。

 

自分の内面を反映したデザイン

 

容姿や経済力が優れているからといって全ての恋愛がうまくいくとは限らないように、機能性と装飾性が高い椅子であってもどうしても座り続けたいと思えないとしても不思議はありません。

記事提供元

サイト名 株式会社403
紹介文

日本全国のものづくり企業が創る厳選された商品と、こだわりの逸品を必要としている消費者を繋ぐ「住まいのオーダーメイド館403」を運営。

この記事を見た方は、この特集も見ています

富裕層は何に興味がある? 豊かになるほど気になる隣のお金持ちの関心事情

  所得や資産が増えて生活に経済的・時間的余裕ができると、日頃の関心事にも変化が生まれてきます。そこには平均的な普通のサラリーマンには想像もしない富裕層ならではの人生の楽しみ方があるようです。いつくかの媒体で実際のリッチ ...続きを読む

最愛の母親を亡くした娘と父親の物語

大切な人が亡くなった時の悲しみはたとえようもないほど大きい。 誰よりも近しい存在の母親を亡くした娘の悲痛な気持ちと、その父親の”娘を思う気持ち”を表した物語をご紹介します。(動画あり)   最愛の ...続きを読む

50代から介護関連で起業できる職種を3つご紹介! 今後さらに需要が高まる仕事

  今後重要視は確実ながら、薄給激務と噂されて人気が上がらない介護職。50代からの起業デビューを考えるなら、あえてこのいろいろな意味でホットな介護業界を検討してみては。施設に勤務する以外にも、介護に関連する周辺職種はたく ...続きを読む

割安で評判のネット生保を比較! 人気のインターネット保険はココが違う

  セールスレディと対面相談して加入する旧来の保険と異なり、実店舗ナシ・訪問営業ナシのインターネット保険。   各種経費を削った分、保険料が比較的割安となっています。プランもシンプルな内容が多く、ホームペー ...続きを読む

認知症対策のコツは脳トレ! 毎日続けて自宅で予防。予備軍はお早めに

  認知症対策は今後間違いなく数十年間にわたる課題となります。ひとたび認知症を発症した高齢者をお世話するのは下の世代ですから、少子高齢化対策とセットにして官民協力して取り組む必要があるでしょう。   介護施 ...続きを読む

PAGE TOP