アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  相撲? コント? 禁じ手を連発する「初っ切り」相撲が面白い

相撲? コント? 禁じ手を連発する「初っ切り」相撲が面白い

 

日本伝統の国技、相撲は厳粛な雰囲気の中で真剣勝負の力士同士がぶつかり合い、一瞬で決着が付く。そこにお笑いの要素などもってのほか。のはずなのに、こんなの観たことない! そんなユーモアと意外性あふれる「一番」の世界があることをご存知でしょうか。テレビ中継される本場所では基本的に行われないため、存在自体を知らない方も多いかもしれません。地方巡業やNHK福祉大相撲などの花相撲で、取組の前に余興として行われることがあります。

 

反則技のオンパレード

 

初っ切りでは、背中から足蹴りにして突き落とすなど序の口。ボクシングのようなファイティングポーズでお互い軽快にジャブを打ち合い始めたり。土俵の上で、いつもと同じまわし姿の力士がやっているからシュールな絵面になってしまっています。テンポよく息の合った力士二人がコミカルに動き回り、漫才さながらにネタを披露。柄杓やほうき、スリッパのような小道具までも駆使して、相撲のルールを土台にした反則技の応酬が見どころです。

 

プロレスのような技の掛け合い

 

口に力水を含んで毒霧のように吹いたり、手四つに組んでから後ろを取ってバックドロップしようとしたり、もはや相撲とは別の格闘技。はっけよい、のこった、からの開幕ラリアットで奇襲など、やっていることは完全にプロレス。睨み合って威嚇したり、リング上、いえ土俵上で試合中に仁王立ちの舌戦が始まってしまうと、格闘技ですらなくただの口喧嘩の様相に。そんな「非日常的」光景がまた笑いを誘います。

 

行司も一緒になって悪ふざけ

 

力士二人の試合ですが、行司も心得たもので多少の反則はお情けで大目に見ます。仕切り直して次のネタへ導く「ツッコミ役」をこなしたり、その場の流れで力士に代わって相撲を取ることも。最後にはどちらかの力士に軍配を上げますが、負けた方の力士が行司の烏帽子をはたき落とすまでがお約束です。

 

孫と一緒に笑い合える貴重なスポーツ(?)

 

相撲観戦はお年寄り世代にとって生活の一部となっていたりします。初っ切りがテレビ中継されることはまずありませんので、お近くで花相撲が開催された際にはぜひ、お孫さんと一緒に生の相撲を観覧に訪れましょう。最初に初っ切りの雰囲気で相撲への敷居が下がり、次に始まる真剣勝負の取り組みが迫力満点で引き込まれるに違いありません。

 

この初っ切り、一見するとルール無用で自由奔放に暴れているように見えますが、だいたい定番の「台本」に沿って演じられています。さながら落語演目のように。その中で力士達によるアレンジが施されたり、その場の空気でアドリブが入ったりするんですね。だから全く同じ初っ切りは二度と観られない、一期一会の演舞なのです。

 

日頃の大真面目な取り組みがあるからこそ、そのお約束を破るギャップが面白いのでしょうね。

 

 

この記事を見た方は、この特集も見ています

「生命の島」屋久島にある楽園のオーベルジュ

生命の島、屋久島にある「sankara hotel&spa 屋久島」。   太古の森を歩きたい方も、島の美味をお探しの方も、ただ優雅にお過ごしになりたい方も。島の流れに身をゆだねてください。  急がず、喧騒 ...続きを読む

伊良部島のプライベートリゾート

美しい海や自然を感じることの出来るプライベート空間。 昼には燦々と降り注ぐ陽光、夜には今にも落ちてきそうな星明りがあなたの五感を魅了します。   ...続きを読む

団地コミュニティ

社会の課題でもある「空き家問題」  昭和30年代後半から大量供給し始めた「団地」もその一つである。 埼玉県狭山市にある新狭山ハイツは、築約40年と歴史がある団地であり住人の高齢化も進んでいるが、素晴らしいコミュニティ形成をしている団地で ...続きを読む

すべての人生は、映画である

人は忘れる生き物といいます。時間が経てばあなたの事を忘れるかもしれません。 しかし、あなたの”人生”は決して忘れて欲しいものでしょうか?激動の時代とどう向き合い、どの様に仕事に取組み、家族関係で何に悩み、何を大切に ...続きを読む

50代の脳を刺激する! 認知症予防にもオススメ脳トレのスマホアプリを厳選して紹介

  仕事内容がほぼ同じ業務の繰り返しで定型化してくると、思考パターンも決まりきってしまい変化が乏しくなりがち。認知症への第一歩ですね。ルーチンワークに身を任せるのは仕事上必要な時もありますが、思考停止してはいけません。思 ...続きを読む

PAGE TOP