アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >   >  レトロ好きを虜にするヴィンテージカー・旧車の魅力。

レトロ好きを虜にするヴィンテージカー・旧車の魅力。

 

50歳を過ぎても60になっても、むしろ年を経るほどにレトロを好きになる人がいます。ヴィンテージとしての希少かつ高額な価値、そしてやはり時代を感じさせる個性的なデザインと機能がレトロ好きを虜にします。中でもクラシックカー、ヒストリックカー、いわゆる旧車は世界中の高齢ドライバーから最新カーマニアまで無数のファンが存在。街角で旧車が通り過ぎたら思わず振り返って二度見せずにはいられない珍しさ。最新の車が備えて当然の安全性、経済合理性、メンテナンスフリーと真逆を行くヴィンテージカーの魅力に迫ってみましょう。

 

再現不可能なデザインと性能

 

外車は目安として1930年以前のもの、国産車なら1970年代以前の高級車をヴィンテージカーと呼ぶようです。しかし比較的最近の旧車でも高級感や奥深いレトロデザインなら、雰囲気的にヴィンテージカーと呼ばれ親しまれています。今から50年も前に製造され、時代を超えた現代でも色褪せず輝き続けるビンテージカー。なにせパソコンすらない時代の産物です。現行車では当たり前というか無くては開発が始まらないCADやCAEのような設計ソフトも当然ありません。仮に紙ベースの車体設計図が現存していたとして、果たして当時と同じクルマをもう一度製造できるかといったら、技術的にも経済合理性の面でも多くの困難が予想されます。自動車の世界は日進月歩ですから、もしクルマ1台をボタンひとつで自動作成できる大型3Dプリンタでも生まれれば不可能ではないかも?

 

本体価格に匹敵する高額なメンテナンス費用 

 

旧車は絶版車のため、自動車工場での生産はとっくの昔に終了しています。ゆえにメーカー整備対応も不可。修理部品が足りなければ同型の中古車から移植するか、ゼロからワンオフ品を削り出すしかありません。クラシックカーを専門に取り扱う中古車店は近隣に自前の板金工場を擁していたり、高度な精密部品にも対応できる町工場と提携していたりします。日々摩耗する部品を補修し、カーオーナーの要望に沿ったカスタムチューニングを施し、メーカー抜きで旧車のメンテナンスも請け負うためには、全部品をワンオフ製造できるだけの能力を必要とされます。それら全てが費用応相談。いつ壊れてもおかしくないヒヤヒヤ感。追い打ちをかけるように自動車税、重量税、任意保険料も割高。長く乗れば乗るほど手間暇とお金がかかり、気付いてみれば本体価格を上回っていることも。

 

 

ではその本体価格の近況はどうかというと、現存するクラシックカーの希少性から年々値上がりしています。ここには供給がストップしているのに旧車ファンの需要が増加しているというアンバランスな構造があります。今後は限られた車体を巡って主にヨーロッパや中東の富裕層を中心に、投機的な目的による中古価格の高騰が予想されています。それでもなお手放さないのは、理屈を超越した得難い魅力をヴィンテージカーに感じるからに他ならず、最近では50代、60代よりも若い20代、30代が自分よりも古い年式の車に魅力を感じて所有するケースも増えてきました。

 

日本でも世界中のクラシックカーに出会える場 

 

なにはともあれ本物の旧車を間近で拝見してみなければ、ヴィンテージカーの魅力は伝わりません。近所の中古車店を検索して見学してもよいですが、現役のクラシックカーが滅多に聞けないエンジン音を轟かせて公道を走行するイベントが度々開催されています。

 

北海道クラシックカーラリーは1976年よりも前に製造された車両限定のラリーイベントです。札幌市をスタートし、富良野・美瑛を経由してオホーツク、網走方面へ。道東に点在する景勝地を巡り、知床峠を越えて釧路、十勝平野を抜けた新得を経由して札幌市にゴールする3日間の旧車フェス。7月の暑い時期、北海道をツーリングしていてヴィンテージカーの車列に遭遇できた方は幸運ですね。

 

 

makiさん(@maki12com)がシェアした投稿 -

 

関東圏ではお台場で旧車天国2017が11月に開催予定です。首都圏在住の方なら近所なので訪問しやすいですね。全国から名うての旧車愛好家が集結。個人オーナーのほか、90を超える気合の入った企業ブースが出展。スワップミートといういわゆるフリーマーケットを併設していて、ここでしか手に入らない旧車に関係したオリジナルグッズを展示販売。これ目当てに訪れる旧車ファンも多いとか。首都圏で毎年開催されているので、レトロカーに関心のある50代は秋口になったらチェックしてみると、さらに興味をそそられるでしょう。

 

 

@datsunz1971がシェアした投稿 -

この記事を見た方は、この特集も見ています

佐伯チズさんが語る「美肌」と「オンナの人生」『11月3日開催きょうもキレイ・スペシャルトークvol.1』

  前向きに生きるアクティブ世代に向けて、記事配信やイベント、講座を実施している朝日新聞社は、11月3日に「美肌」と「オンナの人生」をテーマにしたイベント「きょうもキレイ・スペシャルトーク」(協力:アトラ50・小田急電鉄 ...続きを読む

【書籍紹介】『血流を整えれば頭痛・腰痛は消える』

  病院にいっても薬を飲んでもよくならない……つらい痛みの原因は「血流の悪化」にあった!   腰痛や肩こりなどの体の痛み、頭痛……日本人は多くの身体の痛み ...続きを読む

10人に9人が”かくれ栄養不足”!?自分の栄養バランスに自信があると答えた人の10人に9人が栄養不足と診断される現実

  近年、家族形態の変化や食生活の乱れから様々な栄養が不足していることがささやかれています。国民健康・栄養調査(厚生労働省)によると、性別・年代別に状況は違っても、栄養バランスが日本人の食事摂取基準の推奨量(同省)に満たない ...続きを読む

富裕層は何に興味がある? 豊かになるほど気になる隣のお金持ちの関心事情

  所得や資産が増えて生活に経済的・時間的余裕ができると、日頃の関心事にも変化が生まれてきます。そこには平均的な普通のサラリーマンには想像もしない富裕層ならではの人生の楽しみ方があるようです。いつくかの媒体で実際のリッチ ...続きを読む

団地コミュニティ

社会の課題でもある「空き家問題」  昭和30年代後半から大量供給し始めた「団地」もその一つである。 埼玉県狭山市にある新狭山ハイツは、築約40年と歴史がある団地であり住人の高齢化も進んでいるが、素晴らしいコミュニティ形成をしている団地で ...続きを読む

PAGE TOP