アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >  > 今すぐ自己分析を ~こんな50代は問題です!

今すぐ自己分析を ~こんな50代は問題です!

 

 今日のコラムはいささか、辛口です。

 

私自身、会社を辞めたのが50代、もしかしたら周囲からは以下の様な見方をされていたかもと、

冷や汗~脂汗をかきました・・・

  

 貴方は、思い当たる節、ありませんか?

 

【自分なりの「成功体験」を持っている】

 

 「自分だから難局を打開出来た。」 

「周囲からは反対されたが初志貫徹で成約を勝ち取った!」

 私の先輩や所長にもこの手の話を繰り返す方が何名もいました。

 

  実際は、成功の要因が会社の看板であっても、時代の流れであったとしても

   それが今でも通用すると「信じ込んでいる」となると、厄介です。

 

 ~俺の若い頃は、~俺のやり方なら

 

 こんな言葉を部下に投げかけていませんか?

 

 ~時代が違うんですよ! ~まだそんな時代遅れのやり方が通用するとでも!?

 

 貴方の前では何も言わない部下は、心の中でこう思われているのです。

【チーム、仲間意識が強い】

 

  まさに私の営業時代がこれでした。

 残業、休日出勤当然! 予算達成のためには滅私奉公当たり前!!

 このやり方で実績を築いてきた50代はかなり多いと思います。

 

  これも一種の(今となれば厄介な)成功体験でして、

 今は個の時代なのです。就職氷河期を乗り切った世代の成功基準は「個のスキルアップ」でした。

 ここでも成功に関しての認識にギャップがあるのです。

 

  「まだ仕事、(時間が)かかるのか? 手伝ってやろう!」

  「仲間なんだから、遠慮するなよ! 終わったら(飲みに)行くぞ!!」

 

 今では「自分の責任は果たした、出来ないのは奴の能力不足!」

 「定時内に仕事をこなしている自分より、要領悪く、能力不足で残業の毎日のあいつの方が(残業代分)給料を多く貰っているのは許せない。」

 

 

  貴方は、頭ごなしに「仲間だ」「チームだ」で抑え込んではいませんか?

  価値観や育った背景を無視しての指導(説教)は何の効果も生みません。

【管理職を外れた50代の振る舞い】

 

 私の会社にもありましたが、役職定年制という一定の年齢までに次の役職に昇進出来ないと、今までの役を外されて「一般社員並み」になるか、「部下無し、権限無しの部課長」になるものです。

 

 当然ですが、モチベーションは大幅に低下します。当然のように目標達成に無関心になりがちです。

 これまで部下を叱咤激励、毎晩残業の連続だった時代から180度転換して、定時退社、有給100%消化に励む~人によっては趣味の世界を最優先にする生活にと変わります。

 

 平成27年度の厚労省「賃金構造基本統計調査」というデータによりますと、

なんと50代労働者の約61%が「管理職」に就いているという結果が出ていました!!

 

 これだけ「頭でっかち」な構成では役職定年も時代の必然と言えるでしょうが、人間ですから当然その(会社の)審判に納得する方はごく少数です。

 

・自分では十分会社に貢献しているつもり(でも評価が低い=上に人を見る目がない)

あなたの気になる疑問お寄せ下さい!

投資、相続、住まい、法律、健康、ファッションなど、
専門家に質問したいことがありましたら、お気軽にお寄せください!

お寄せいただいた質問や、専門家の回答は、
あなたの個人情報を特定できない形で、Q&Aコラムとして掲載させて頂きます。
また、質問の内容によってはお答えできない場合がある事をご了承ください。

質問例

質問内容

おすすめ記事全ての記事を見る >>

PAGE TOP