アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >  > 個人賠償責任保険と認知症

個人賠償責任保険と認知症

認知症の夫が引き起こした列車事故の責任を家族が負うべきかと言う裁判については、皆さんも新聞やテレビで目にした事と思います。

 

長年認知症を患い、徘徊癖のある夫を、自分も要介護認定を受けている妻が長年面倒を看続け、僅か数分間のうたた寝の間に夫が外出し、事故を引き起こしてしまったというものでした。

 

一般的に民法においては他人に怪我を負わせたり、第三者の所有物を破損した場合等、当事者が今回のような認知症患者の場合や未成年の場合で責任能力が問えないと判断された場合は、その監督責任者である親族、後見人が損害賠償を請求されるとなっています。

 

今回、最高裁の判決では「同居する家族だと言うだけで、直ちに監督義務者に当たるとは言えない。」とし、介護家族の監督責任については「介護者の実態などを総合的に判断すべき」という見解を示しています。

 

今回の事例については、多くの方にとっては納得のいく判決だったのではないでしょうか?特に同じような環境下にある家族にとっては大きな意味を持つ見解だったでしょう。

 

では、逆の立場で考えてみましょう。損害を被った側は「泣き寝入り」しかないのでしょうか?

 

こういう場合に「個人賠償責任保険」というものがあります。

 

・認知症の患者が自転車を走らせ、通行人に衝突、負傷させた場合。

・買い物の最中に展示品や陳列ケースにぶつかったり、不用意に触れた為に破損、破壊した場合。

・自宅のベランダや窓などから物を落下させて歩行者に損害を与えた場合。

 

この様なケースを補償の対象とする保険です。  一見すると、非常に役に立つような保険です。 

ですが・・・補償の対象は上記の様に 人体や他人の所有物に物理的な損害を与えた場合  に限られます。

 

冒頭の事例の様に列車の運行に重大な影響を与えた場合は「物理的な損害」ではないので対象外なのです!

 

また、自転車の運転中の事故は対象ですが、自動車の運転中の事故の場合は対象外になります。

 

さらに、認知症の成人や未成年と生計を一にしている場合、または同居している場合でないと、この補償の対象とはならないのです。

 

ですから同居はしていても親と子がそれぞれで生計を立てている場合や、後見人が監督義務者の場合、または別居中(学生寮や独身寮等)の未成年の子供が事故を起こした場合は、補償の対象外となってしまうのです。

 

こういった現状を踏まえ、損保各社はここに来て契約内容の見直しを始めています。 

従来の規定の内、同居や同一の生計と言う条件を見直し、後見人(生計は別)や別居中の子や親族も対象とするように改定しています(三井住友海上火災やあいおいニッセイ同和損害保険等、昨年10月に改定)

とはいえ、もうひとつの補償の範囲については従来通りです。 交通機関への影響=損害については補償の対象ではありません。 今回の事例は、日頃の監護に不備が無かったという事で責任は無いという判断が下されましたが、これが全ての前例になる訳ではありません。 身上監護に明らかな注意義務違反があれば、親族や監督義務者に損害賠償責任は当然発生するのです。

あなたの気になる疑問お寄せ下さい!

投資、相続、住まい、法律、健康、ファッションなど、
専門家に質問したいことがありましたら、お気軽にお寄せください!

お寄せいただいた質問や、専門家の回答は、
あなたの個人情報を特定できない形で、Q&Aコラムとして掲載させて頂きます。
また、質問の内容によってはお答えできない場合がある事をご了承ください。

質問例

質問内容

おすすめ記事全ての記事を見る >>

PAGE TOP