アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >  > 起業・独立、夢見る前に

起業・独立、夢見る前に

今日の内容は、ある程度起業や独立を考えた方には、「くどい」話の部類かも知れません。

ですが、起業における厳しい現実を知る事は決して無駄ではないと思います。

 

私がまだ会社員の時代にも社内には、「会社を辞めて、独立したい。」とか「一国一城の主になりたい。」という事を口にする先輩や同僚はいました。

 

当時はまだインターネットの「イ」の字くらいしか世の中には存在せず(?)電子メールもまったくない時代です。

 

起業や独立の選択肢はかなり今とは違っており、そういう環境下では大きく2つの「夢」に分けられました。

 

「都会の喧騒を離れ、田舎で趣味を活かした仕事に就く。」
「おしゃれな飲食・物販の店を開く。」

 

 

田舎暮らし

「清里高原でペンションのオーナーになりたい」「趣味の山歩きを活かして山岳ガイドになりたい」「おしゃれな野菜やフルーツ栽培で生計を立てたい」  ※ あくまでも今から30年近く昔の話です。

 

今ならネット環境の整備で多様な業務を田舎暮らしの中でこなすことも可能でしょう。

ですが当時はほぼ「田舎暮らし=身体あってのもの」が当たり前でした。

 

ほぼ30才前後の「青二才」の妄想でしたから体力面については問題はありません。

ですが、年齢が進んでからも田舎暮らしを30代と変わらずにこなせるのか?

という至極当たり前の事には殆ど気付いていませんでした。

 

私のところにも50代で「退職後は田舎暮らしをしたい」という「高齢者の田舎暮らし志望」者からの相談は少なくありません。

このようなケースの時、私からの第一声は「健康面に不安はありませんか」です。

続けて「クルマの運転は自信ありますか」です。

 

田舎では夜間診療や24時間受け付けの医療機関はそうは整備されていません。

 

気候の変化は概ね都会と比べ、温暖さは顕著です。

信州や北海道で暮らすとなれば冬の暖房は生命にかかわる問題です。

 

田舎では公共交通機関には期待出来ません。

自由な移動手段は自動車やバイクなど「自分で運転」することに限られます。

 

50代なら、まだ顕在化しない問題でも60代後半から70代でも現役で田舎暮らしをする訳ですから上記の2項目は必ず前面に立ちはだかる問題になるのです。

 

質問者のほぼ100%は「夫婦二人での移住」と答えてます。

子供との同居ならまだしも、同じように老いていく2人きりで?

 

  

 飲食・物販

飲食で言えば、若手では「ラーメン店」、中年では「蕎麦屋」「居酒屋」、共通するのが「オシャレな喫茶店」…

 

 

 

物販では、おしゃれなアクセサリー、ネイルサロン、おしゃれな花屋さん、中高年では、こだわりの古本屋、こだわりのおもちゃ屋、こだわりの習い事の教室(ピアノ・英会話・パソコン等)

 

ここでも、趣味の延長や自分の嗜好が高じてといった理由で開業を目指す方がいます。

ですが、盛者必衰の理とあるように流行り廃りは尽きることはありません。

 

ラーメンひとつとってもサッポロラーメンブームを皮切りに喜多方系、荻窪系、博多長浜系、つけ麺、横浜家系・・・ 

あなたの気になる疑問お寄せ下さい!

投資、相続、住まい、法律、健康、ファッションなど、
専門家に質問したいことがありましたら、お気軽にお寄せください!

お寄せいただいた質問や、専門家の回答は、
あなたの個人情報を特定できない形で、Q&Aコラムとして掲載させて頂きます。
また、質問の内容によってはお答えできない場合がある事をご了承ください。

質問例

質問内容

おすすめ記事全ての記事を見る >>

PAGE TOP