アトラ50
真に豊かなライフスタイルを実現する50代以上向け専門情報サイト

会員登録でもっと豊かに [ 新規登録 ]

 >  > 相続税軽減の為の、3つの相続対策とは?

相続税軽減の為の、3つの相続対策とは?

 

 

 早いもので今年も1/3が過ぎようとしています。  

皆さんはどんな過ごしかただったでしょうか?

 

 お元気ですか? 同世代で起業した行政書士の寺田です。

 

 

 相続税の課税基準の改訂から4か月、

新しい基準についての認識はかなり浸透したと思います。

自他ともに認める資産家であっても、

家屋と土地しか財産と呼べるものがないという方であっても、

相続発生後は大なり小なり「相続税」が悩みの種となるでしょう。

 誰しも、正当な理由で「節税」出来ればと思いますが、

節税の視点は3つある事は、ご存知でしたか?

 

 

 その3つの視点とは、

 

 

 ① 相続財産を減らす事

 

 ② 財産の評価を低くする=下げる事

 

 ③ 納税額を減らす事

 

 となります。

 

 

【財産を減らす】

 何も子孫に美田を遺さず、を推奨している訳ではありません。

要は「相続財産を」減らせばいいのです。

即ち、相続の前に渡す=贈与 で相続時の財産額を減らしておけば、

課税される金額も当然少なくなりますね。

 

 所謂、生前贈与の活用です。

 

 

【評価を下げる】

 主に不動産が相続財産の大半であるような場合に、

土地の評価額を下げる事で課税額を減らす事です。

 

 

【納税額を減らす】

 要は相続税としての納税額を減らす事で、

トータルの納税額を減らすことになります。

ある生命保険の加入の仕方で相続税の対象から

税率の低い他の課税項目へ変えてしまいます。

 

 

 

 さて、どの対策を考えるかは、個々の財産事情によって変わってきます。 

まずは、ご自分の財産の全貌を正確に把握する事から始めましょう。 

 

 案外土地や家の名義が祖父母のままであったりとか、

共有名義であった等放置しておくと相続時に非常に手間がかかる、

また最悪の場合相続が出来ないというケースにも繋がりかねません。

 

 

 さらには、相続人が何名、どこに住んでいるかも正確に把握しましょう。

 

 

 相続人数と、財産目録が確定してこその、節税対策なのです。

 

あなたの気になる疑問お寄せ下さい!

投資、相続、住まい、法律、健康、ファッションなど、
専門家に質問したいことがありましたら、お気軽にお寄せください!

お寄せいただいた質問や、専門家の回答は、
あなたの個人情報を特定できない形で、Q&Aコラムとして掲載させて頂きます。
また、質問の内容によってはお答えできない場合がある事をご了承ください。

質問例

質問内容

おすすめ記事全ての記事を見る >>

PAGE TOP